子供の頃のイメージって大事。

2018/11/1 | 投稿者: tnmodele

子供の頃毎日のように映画(吹き替え)をテレビで放送していた。

月曜日はちょっと斜に構えたナビゲーター・荻 昌弘氏の月曜ロードショー
火曜日は解説に山城新伍氏を迎えた火曜洋画劇場
水曜日は「いやぁ、映画ってほんっとうにいいもんですね!の水野晴郎氏の水曜ロードショー
木曜日はB級作品やソフトコアな作品が多かった木曜洋画劇場
金曜日はタレント吹き替え(下手だらけ)が多かった高島忠夫氏のゴールデン洋画劇場
日曜日は映画評論の重鎮・淀川長治氏の日曜洋画劇場

そして学校が休みな時は例として夏休み映画祭り的に朝や夜中にに放送していた
年末は恒例の年越し映画

これだけ放送があれば英が好きになる訳です。
しかも当時の映画館は入れ替え制ではなく朝から晩まで観ていられたし!(^^)!

でもいつしか映画館は入れ替え制、ロードショー館は無くなる。
テレビでは映画番組が衰退。
今ではゴールデンタイムに映画放送なんてのは新しい映画の公開前に関連映画を放送するぐらい。

頑張ってるのはテレビ東京の午後のロードショーばかり。

レンタルレコードに端を発したレンタルビデオってシステムのもある意味凄い出現でした。

テレビ放送では1991年のWOWOWの登場はNHKを除いて無料で見られる放送から視聴料を払って観るテレビの始まりと。

それから27年、今では放送される映画を観たけりゃCS有料放送、自由に見たければレンタルショップなんだろうなぁ。



2018/11/4  0:10

投稿者:中村たけやす

あらまぁ、転びましたねぇ(笑)それが時代なんですねぇ!(^^)!

2018/11/3  19:21

投稿者:城主おーた

AppleTV買ってアマゾンプライムビデオに転んでしまいました。午後ロード最近観てないなあ。

コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ