シュビムワーゲン その5

2016/7/18 | 投稿者: tnmodele

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します





リアの部分にも得意形状なストッパーがあります。ここは台座の部分を洋白帯金で自作して半田で固定して強度を増します。もちろん接着面には薄い金属板を。

それと手前のパーツ(なんでしょうね?)は中心の棒にエッチングの囲いを巻き付けるような指示なのですがここは中心部分も真鍮棒から作り出せば半田加工が可能になります。
ボディへの接着はアドラーズネストの極小リベット(SSS)の足を使います。
エンジンカバーにつく取っ手の位置を間違えちゃった。
出来上がり時にはちゃんと直っています。




コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ