男はつらいよ 飛耳長目録

男はつらいよを楽しむ

 
■ロケ地についてご存知の方は是非コメントしてください! ■映画に関する新しい情報をお持ちの方は是非ご紹介させてください! ■写真等お持ちであれば是非掲載させてください! 宜しくお願いいたします。

カレンダー

2021年
← August →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

掲示板

拍手ランキング

1位 歌子ちゃんの実家へ
4拍手
2位 浅草どうでしょう。
1拍手
7/18〜7/25までのランキング結果です。

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:寅福
わいわいさん。

コメントありがとうございます。(^^)/
中々レス書けなく申し訳ございません。

そうですか!帝釈天に行かれたのですね!!
そうなんですよ、灯篭なくなっております。
確か4?作以降から無くなっていたはずです。

>そうそう、撮影ではくるまや(食事処の方)から見て左側が駅ですが、実際には
>右側が駅なんですね。びっくりしました。

ん?これはどういうことでしょうか。
映画の「とらや」は参道の右側(「大和屋」さんとか「亀屋」さんと
同じ並び)にある設定ですので駅の方角は同じはずですが…
「高木屋老舗」さんが参道の両側にあるのでちょっと紛らわしいですが
「高木屋」さんでいうと渥美さん(寅さん)の「予約席」のある側が
「とらや」のある設定側ですね。(^^)/

そして、仰る通りさくらの家の戸建ては4回変わっております。
個人的には最初の戸建ての家の跡地には何かしらの記念碑を
建てて頂けないものかと思っております。
寅さん記念館からも歩いて行けますし、何せ皆さんも思い出多い場所と
思いますので。(*^_^*)
当ブログでもさくらの家につきましてはご紹介しておりますので
お時間のある時にでもご覧ください。

新幹線でのシーンも仰るように色々変わっておりますね。
柴又駅での別れのシーンでも電車の扉が到着時には片側開きで
寅が乗って発車するときには両開きのドアに変わったりしてますので
あまりそこらへんは山田監督は気にされていないような
気がいたします。(;^_^A

ありがとうございました。

寅福 拝
投稿者:わいわい
先日柴又帝釈天へ行ってきました。以前にも訪れたことがあるのですがその時は全く『男はつらいよ』に興味が無かったので…(笑)。

実際に行ってみるといろいろ気付くものです。寅さんと源ちゃんが滑って怒られた木の廊下とか、源ちゃんが突いていた鐘とか、あの鐘はやはり定時の時間に突いていたんでしょうかね。撮影のために付かせてもらっていたのかな。
あと「やーい寅さんみたいになっちゃうぞ」と子供たちが登った灯篭(?)がなくなっていたりとか。
そうそう、撮影ではくるまや(食事処の方)から見て左側が駅ですが、実際には右側が駅なんですね。びっくりしました。

他のHPで、さくらたちの家が四回変わっているというのには驚きました。よく調べたなーと。

あと、45の満男が泉を新幹線で見送るシーン。泉が乗っている新幹線の行き先とかホームがいろいろ変わっているらしいですね。これは面白い。山田監督らしくないけど、まあ仕方がないかあ。新幹線の乗客が、「おっ撮影だ」とみんな見ているのが面白いですね。これは「北の国から」でもあるあるなんですけど(笑)。
投稿者:寅福
わいわいさん。
コメントありがとうございます!(^^)/

素晴らしいところお気づきですね!
そうなんですよ、何と宮崎からの復路は飛行機なのです!
さらっと満男が言っていますよね。
一緒に飛行機に乗って帰ったんですよね。
ここに気が付かれるわいわいさんは
正真正銘の寅マニアなお方です!(笑)

寅が他に飛行機に乗ったのは仰るように
飛行機で有名な25作とウィーンに行った時と
あと、乗っているシーンはないのですが恐らく
34作でも13:45のTDAにふじ子さんと一緒に乗って
鹿児島へ行っていると思われます。

飛行機の映像からいきなりJR鹿児島駅前になるので
何となく鹿児島駅で寅さんと待ち合わせをしたように
錯覚してしまいます。^_^;

この寅の飛行機に乗ったという話題は以前
「覚え書きノート」サイトの吉川孝昭さんから
教えて頂いた内容なので、寅福的には完璧な受け売りです(;^_^A
もしかしたらまだあるかも…

鋭いご考察、ありがとうございました!

寅福 拝

投稿者:わいわい
この45では珍しく寅さんが飛行機に乗っていますね。宮崎からの復路、純たちと一緒に帰るということから飛行機なんでしょうね。

寅さんが他に飛行機に乗ったのは、ウィーンの時とハイビスカスの往路ですか。
投稿者:寅福
ありがとうございます!彰(あきら)さん。
お店のHPまでお調べ頂きまして本当にありがとうございます。
今回は本当に感動的でした。
実は今回も住宅地図を見てある程度当たりはつけていたのですが
実際に現場に行って最初にその場所に立ったとき
「キターーーーッ!」と思いました。
嬉しくて嬉しくてどうしょうもないくらい感動がこみ上げてきました。
そしてお店の方のご対応!!感動でした。
突然こんなご質問をすると大概怪訝そうな顔をされることが多いのですが
スッと質問を受け入れてくださり、そして丁寧にお答え頂いたのです。
本当に嬉しかったです。(^^)
真実は現場で!を心に持って、これからも動いていこうと思います。
ありがとうございました。
投稿者:彰(あきら)
しつこく追伸(^^;)
さきほどKAWAI OMOTESANDOさんの
HPを見てみました。
室内カッコいいですね〜。

http://shop.kawai.co.jp/omotesando/

ああ…泉ちゃん…勤めたかっただろうに(TT)

グーグルのストリートビューでもまわってみました。
建物全体もおしゃれな感じですね。
僕はピアノが弾けないので憧れます。
投稿者:彰(あきら)
追伸:お店の方が親切で本当によかったですね。  
   いつか長谷川さんにお会いできましたら
   ぜひロケの秘話をお聞きになってくださね。
   ロケに参加された人がまだお勤めになってい   るなんて、もうそれだけでワクワクします。
投稿者:彰(あきら)
おおお!行かれましたか!表参道のCDショップ。

映画当時の名前が『カワイミュージックショップ青山』さんなんですね!

寅福さんの撮られた写真によると今は
『KAWAI OMOTESANDO』…ですか。

う〜ん、またまた世紀の大発見ですよ!


それにしても、
な、なななんと今はピアノを専門に売っているなんぇ!!
惜しい!もったいない!
あああ…泉ちゃんの第一希望じゃないですか(TT)

もう少しの辛抱だったのに…。

それにしてもあの時、泉ママは娘に甘えすぎです。
娘の就職の苦労をなんだと考えているのでしょうか。
泉ちゃんがあの時あのまま東京にいれば
一人の青年の人生を狂わさずにすんだのに…。
なんと不憫な前田吟さんの息子さん(TT)
今はもう新しい女性を見つけなおして
幸せに暮らしているでしょうね。
あ、脱線でした(^^;)ヾ

また僕の第45作の本編完全版に追加記事を
書かせていただきたいです!
よろしくお願いいたします。

このシリーズの膨大な謎を
リアルなフィールドワークによって
ひとつひとつ解き明かしていく寅福さんは
「八墓村」の金田一耕介のようです(^^)
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ