男はつらいよ 飛耳長目録

男はつらいよを楽しむ

 
■ロケ地についてご存知の方は是非コメントしてください! ■映画に関する新しい情報をお持ちの方は是非ご紹介させてください! ■写真等お持ちであれば是非掲載させてください! 宜しくお願いいたします。

カレンダー

2019年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

掲示板

拍手ランキング

1位 出川哲朗さんもご出演。
1拍手
2位 成就院
1拍手
3位 歴史的大発見!
1拍手
4位 リリーのアパート
1拍手
6/8〜6/15までのランキング結果です。

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:寅福
彰(あきら)さん。

早速のコメント誠にありがとうございます!(^^)

紫陽花は9月まで見れるんですね。知りませんでした。

>↑の踏み切りは確か北鎌倉の円覚寺ですよね。
>あそこ敷地の一部を電車が通っているんですよね。

そうなんです!電車に乗っていると「ああっ!!」っていう
瞬間があるんです。(^^)
で、今回は残念ながら時間切れのため下車できず
次回までお預けとなりました。

>二人だけの大人の失恋を描いて欲しかったです。

なるほどです。

私は彰(あきら)さんに以前教えて頂いたことで
この作品のとても重要な場面に気づくことができました。
満男が言うんですよね、「おじさん、帰りの電車で泣いていた」…と。
この場面は恥ずかしながらかなりスルーしていました。
満男のフィルターを取り外した場合、かなり濃密な恋愛物語になるような気がいたします。
見ている側のジレンマもまたこの映画の「定番」なんですよね。(^^)

ありがとうございました。
投稿者:彰(あきら)
おおっと寅福さん、なぜ9月にこんなにも紫陽花が!??
と、思いきや…よく読んでみると
今年の6月に行かれた時のレポートだったんですね(^^;)

実は紫陽花は花期が長いので
9月頃まで見ることが出来ます。
この前終わった私の9月の展覧会でも
紫陽花を活けて飾っていました。

鶴岡八幡宮の近くに近代美術館があるのですが
まだ若い頃、連れ合いとよく絵を観にいきました。
ああ…なつかしいです。
そう言えば、そのころから結構人力車が
観光用に通っていましたね。

↑の踏み切りは確か北鎌倉の円覚寺ですよね。
あそこ敷地の一部を電車が通っているんですよね。


それにしても寅はデートに満男連れてっちゃいけませんよ。
寅はもちろんバカですが、さくらもあれはミスでした。
僕はあそこはなんとしても
寅が一人で鎌倉に行く脚本にしてほしかったです。
ブザマでもタジタジでもいいから
二人だけの大人の失恋を描いて欲しかったです。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ