男はつらいよ 飛耳長目録

男はつらいよを楽しむ

 
■ロケ地についてご存知の方は是非コメントしてください! ■映画に関する新しい情報をお持ちの方は是非ご紹介させてください! ■写真等お持ちであれば是非掲載させてください! 宜しくお願いいたします。

カレンダー

2019年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

掲示板

拍手ランキング

1位 第10作 ロケ地巡り
1拍手
2位 第40作で新発見!!
1拍手
3位 歴史的大発見!
1拍手
9/16〜9/23までのランキング結果です。

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:寅福
寅さん愛する受験生さん。

ご返信、誠にありがとうございます。
拝読させていただき至極当然と思いました!

そうなんですね、寅福は沼津を静岡県東部とは
普段あまり感じておりませんでした。
つまり静岡全体をみていなかった、ここが決定的に違います。

少し主観的すぎなので今回は住所の表記に変更致しますね。
とは言え、所詮個人の趣味ブログですので細かい点はご容赦ください!(;^_^A
よろしくお願いいたします。


寅福 拝
投稿者:寅さん愛する受験生
う〜ん全国の人達のイメージと地元の差だからあんまり意味はないと思われますが…
沼津なので静岡県東部で通っちゃうんですよね。
ほら西伊豆って言うともうちょっとしたを思い浮かべてしまう地元の性で…
全国の人が想像しやすいのであれば。問題無いと思われます。
変なこと言うと沼津市民は自分達は西伊豆では無いと思っているからですね。気象庁の区分けでは
伊豆:熱海市、伊東市、下田市、伊豆市、伊豆の国市、東伊豆町、河津町、南伊豆町、松崎町、西伊豆町、函南町
となっていて、「沼津市」「三島市」は静岡県東部としています。だからですかね。
投稿者:寅福
寅さん愛する受験生さん。

ご高覧いただき誠にありがとうございます。(^^)/

そうなんですか、やはり地元の方であれば
淡島だと直ぐに気が付かれるのですね。
う〜ん…
そんな地元の方の貴重なご意見、もっともっと欲しい所です。
まだまだ不明ロケ地ありますので。(;^_^A

ところで、ご指摘のあった部分でございますが
地元の方はここを西伊豆エリアとは言われないのですか?
本文中では言葉足らずで申し訳ございませんが
私はこの一帯を西伊豆エリアと思って西伊豆と書いたのですが
それは間違った表現なのでしょうか?

住所が沼津市である事は地図を見ておりますので
承知しております。北関東、南関東などの表現と同じく
伊豆も西伊豆、東伊豆と書いた方が読まれた方が
直ぐに想像できるかと思いそのような表現に致しました。
「西伊豆町」という場所がある事も承知しておりますが
「町」をつけていないのでその点はご理解いただけるものと
勝手に思っておりましたが…。

文章で表現するのはホント難しいですね。
素人のブログですからどうぞご容赦ください。
よろしくお願い申し上げます。

寅福 拝
投稿者:寅さん愛する受験生
紹介されたので来ました!!
流石と言えます。私は地元なので一発でわかったんですよね〜。
家族にここ淡島だよね ねぇって
「そんなわけ」みたいな空気。しかしまぁ結果は淡島だったので家族に勝利v(^_^v)♪
しっかり取られた場所に行って照らし合わせる。
とっても良いですね。羨ましいです。
寅さんは全国の絶景を見してくれるのが魅力の1つですから。私も行きたい、
受験が終わったら私も連れて行って下さい。(*´∀`*)
最後にこのサイトの間違いとして内浦は、西伊豆ではありません。沼津ですよ〜
投稿者:寅福
吉川さん。
コメントありがとうございます。

仰るように今回の発見は軌跡でした。
16作、41作のロケ地探索で西伊豆に行っていなければ
今回の発見は絶対に無かったと思います。
そして吉川さんのご意見からも導かれました。
やはり一人では駄目ですね。
仲間がいてこその発見です。

私達の知らないロケ地好きの寅ファンの方々も
驚いていらっしゃるのではないでしょうか。
その前のふでさんと秀吉の再会場所も驚きましたけど。(笑)

この真相をご存知の方(当時の山田組の方)より
何か情報を頂けたら幸いですね。
でもきっと大人の事情なんでしょうね。(^^;)ゞ

絵画展準備のお忙しい中、ありがとうございました。


寅福 拝
投稿者:吉川孝昭
この寅福さんの発見は
10年に一度クラスの大きなものでしたよね。

ただたんに風景を見つけただけではない、
山田組の非常に見破りにくいトリックを
見破ったわけです。
そしてこの作品は2箇所もそのようなトリックがある。
■志摩だと思わせて三浦半島。
■伊勢だと思わせて西伊豆。

いったい、この作品にはどのような事情が
あったのでしょうか。
真相は闇の中です。

今回寅福さんが発見していなければ
この39作のラストシーンは向こう数十年間は
誰も場所がわからなかったでしょうね。
それくらい難攻不落の場所でした。

同じ意味でこの作品のふでさんと秀吉の再会シーンを撮影した三浦半島の場所も僕らが見つけなければ
何十年も誰もわからなかもしれません。

2箇所とも、
この映画シリーズの研究の深淵に大きく寄与した考察とフィールドワークでした。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ