徳べえのクライミング日誌

はちのへ市郊外の階上町蒼前でクライミングジムを営んでます今はもっぱらジムに関して書いてます ライセンススクール様の向かいです R45号線沿いにあります
            Since jun.1 2008  

 

カレンダー

2019年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

雑記帳

信じられない恐怖のアンビリバボー                    迷作?チョンボ棒                         いろいろなわかん                            幻と消えた米子不動のオンザ・ロック             

最近の記事

過去ログ

簡易ハーネスの作り方

メッセージBOX

掲示板

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:元祖
同じですよ。私も,今だから言えますが,先人たちのルートに自分の力量で登れるものが少ないので開拓にはまっていった部分が多いです。もう一つの開拓のエネルギーは,岩の形が大好きで登りたくなっちゃうのにボルトが無いので自身で開拓した次第です。「福助」開拓時は,仲間が「どうせ登れないから開拓やめましょう」と言っていたんですよ。でも,福助の誕生で一気に第一期開拓団の士気が上がったんです。徳さん,これからも,ガンガン開拓してください。
キャンプ場前のスラブは,女神に手をつけたころに私が1本作ってます。
また,鼠入に巨大なスラブありますよね。山全体がスラブで,途中に洞窟があるやつ。あれも開拓したかったんですが,取り付きのやぶがひどくて,熊が出るのではないかと開拓が遅れ,結局開拓せず。あんなスラブがあると,岩泉に訪れるクライマーの幅が広がると思うのです。
蕎麦は,盛岡から近い「藪川そば」今までの中で最もうまいです。飾ることなく,蕎麦ときれいな水で作られている感じがします。
長くなりました。失礼します。
投稿者:toku

コメントありがとうございます
光栄に思います
元祖さんはじめ先輩方の作ったルートを楽しくいまでも登らせていただいています
自分に登れるルートがないので開拓などやったりして登ってます
韃靼そばは今は作ってないんです
今後ともよろしくお願いします
投稿者:元祖
楽しさあふれるクライミングの開拓日記,自分のことのように読んでます。蕎麦も作っているんですね!ごちそうになりたい!私,龍泉洞の元祖開拓者です。実名はふせさせてください。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ