2005/10/29

何とか間に合った  映画

クリックすると元のサイズで表示します

『SHINOBI』観てきました。もうすぐ終わってしまうということで、今のうちにと思ってね。今回は久々にTOHOシネマズ木曽川での鑑賞(『姑獲鳥』以来3か月ぶりだなぁ)。直前にユニクロで買い物してたらギリギリになっちゃって、慌てて駆け込んで滑り込みセーフでした!(笑)


で、感想としては、「ストーリー的にはちょい期待外れ、でもビジュアル的には及第点」といったトコかな。主役のふたり・朧と弦之介との恋模様がイマイチ描き足りなかったような気がするのよね(せっかくなんだからもう少し絡んでほしかった)。許されない恋という割にはその葛藤の描写が少ないし、んでもって運命として割り切るあたりもあっさりしてるし、そんなもんかと思うと何だかあっけないね。あと、伊賀と甲賀との戦いが徳川家の将来もかかったものなのに、両者の戦いのシーンもちょっと少なかったかな。両五人衆の面々の描写も今一歩薄かったし、とりわけキーパーソンであろう薬師寺天膳はもっと掘り下げて描いてほしかった(それなのにあんな最期!? あっけないわ<涙)。ま、2時間弱での尺ではあれが精一杯なのかもね。主役以外のキャラクターでは、伊賀なら夜叉丸、甲賀なら陽炎がよかったです。このふたりで結構魅せてるんで♪ 映像では、日本ならではの自然と情景の美しさが出せていて見応えあるビジュアルになってます。アクションシーンでのCGがいかにもそれだと分かってしまうところが多少あったにせよ、それを引いてもきれいな映像だったと思う。全体的に、出来としてはまずまずじゃないかな。

あとパンフ(写真では分かりづらいけど、表紙はメタリック加工になってます)、これが思ったより高くついた(800円)。だけど、コンセプトデザインや衣装・セットなどのガイドが興味深いし充実した内容なのでよしとしますか。



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ