2005/6/25

見てたぞ  海猿

『海猿』見てました。公開時にスクリーンで二度観に行ってるし、ストーリーは分かり切ってるけど、それでもいいものはいい。人命救助に当たることがどんなに辛くて厳しくて大変なことか、彼らの演技からもそれがよく伝わってくる。最大の見せ場である、仙崎&三島が遭難してしまうシーン。かつて救助活動でバディを失った経験がある源教官は、規則を破ってまで訓練生たちに救助に当たらせます。もちろん危険を伴うだけに、あのようなことをしてはいけないんだけど、それでもあえて源教官がそうしたのは、自分と同じ辛い思いを仙崎たちに味わってほしくないから…じゃないかな。工藤ちゃんを失っている仙崎も、三島を見捨てることはしなかった。それまで冷たかった三島も、あれがきっかけで変われたよね。救助後のふたりのやり取りもよかった(三島の無言の「ありがとう」ってやつだね)。査問委員会での訓練生たちの一致団結もね。役者陣ではやはり主演の伊藤英明さんがとにかくファイティングでいいけれど、工藤ちゃん役の伊藤淳史君と三島役の海東健君もよかったっす。源教官役の藤竜也さんも、実に説得力のある演技でしたね。できればノーカットで放送してほしかったけど(涙)。

ドラマ版の予告も流れたのがうれしかったね。新天地での仙崎の活躍を見られるのが待ち遠しい! ドラマはどんな出来になるかな!?

クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ