2010/7/8

Schade...  サッカー

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

2年前のEURO決勝での悪夢を払拭する絶好の機会だと思ってました。あの悔しさは私も忘れられなくて(当時の記事はこちらで)、ここでドイツが勝ってくれたら…と思ってました。ミュラーが出場停止で出られないのは痛いものの、それを埋めるだけの力がドイツにはあるだろうと信じて応援してたんだけど…ねぇ。地上波中継のスペイン寄りな実況と解説に終始辟易というより怒りすらこみ上げてきたけどな(ドイツに触れたかと思ったら過去の苦い敗戦のことをさんざ連呼してるし、選手の名前を堂々と間違えるし。そんなにドイツがつまらないんですかそうですか<怒)。


前半からずっとスペインがボールをキープすることが多くて、パスつなぎのシーンがかなり目立ってたっけね。中盤であんなにボールを回し続けられると、ドイツは相手の攻撃の芽をつぶすのが精いっぱいで自分たちが攻撃に転じる余裕を削られちゃうっていうか、そんな展開に思えました。それでもドイツの守備陣は集中力を切らすことなく耐えしのいでいたけれど、あそこでなぜかマークしてなかったとは。まさかあの場面でプジョルに決められちゃうとは…TVの前でしばし呆然。でもそこからのドイツの逆襲を信じたけど、結局手を打てないまま終了。イングランドやアルゼンチンに大勝したのがウソのような展開で敗れてしまったね。2年前の再来のようで。2年前と同じような光景を再び見ようとは。この一戦が事実上の決勝戦と思ってたし、結果は非常に悔しい。それこそSで始まる言葉(注:汚いドイツ語<苦笑)を発したいくらいにね。フィールドに崩れるシュヴァイニ(この子は攻守にホント大活躍だったのぉ)の姿が痛々しかったけど、そのシュヴァイニに駆け寄って声をかけるプジョルの姿に少し救われた気がします。

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

またも優勝の道を閉ざされたドイツですが、それでも前評判が決してよくなかった(バラックが抜けたことでどうしようかと思ったからねぇ)ことを思えばよくここまで来たもんだと。3位決定戦ではウルグアイ相手に大暴れできれば、と思います。そして、ミロにはまだ得点王の可能性が残されてる。W杯歴代最多得点更新の可能性も残されてるしね。今季のリーグでは調子が悪かったミロを代表の仲間たちが「元のミロに戻そう」と協力したとのことだし、仲間たちと一緒に努力したミロの苦労が報われることを祈ってます!



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ