2010/6/28

わーいわーい☆  サッカー

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

決勝トーナメントでの運命の第1戦で、ドイツがイングランド相手に力の差を大いに見せつける勝利を挙げましたね! 例の“世紀の大誤審”については明らかにジャッジミスだろうけど、でもだからといってそれがイングランドの直接の敗因ではないと思うし、仮にそれがなかったとしてもドイツが勝ってたんじゃないかって気がする。それくらい、あの試合でのドイツは勢いがあったから。'02日韓大会以降、若い選手の台頭が著しいドイツ代表。今大会ではよりフレッシュな顔ぶれになって、世代交代が着実に進んでる印象を改めて実感できたかな。選手たちのまとまりもいいし、レーヴさんの腕もいいんだろうなぁ。一昨年のEUROのときよりさらに楽しそうなチームになってると思いますね♪ 今回は出場停止明けのミロがまたまたやってくれたし、ポルディやミュラーのゴールもよかった(ミュラーの得点感覚もだけど、エジルもいい働きしてる)。守備でもGKのノイアーがきっちり凌いでくれてるし、ラームのナイスクリアもあったっけ。全体的には見ごたえある試合だったと思ってます。

で、次の相手はアルゼンチン。前回大会にも準々決勝で当たってる相手ですね。あのときはPK戦にもつれ込んだ末にドイツが制してるけど、今度は90分以内で決着がつくといいな。4年前と同様に、またミロが決めてくれることを希望!



コメントを書く


この記事にはコメントを投稿できません




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ