スポーツ・カフェSun×2(サンサン) =無料休憩所&工房 Since2012 6/9〜2019 9/15

2019/9/8


クリックすると元のサイズで表示します
10月から国道432号線河内町中河内〜小田間は来年5月末まで工事の為、全面通行止めになります。

本日が僕にとって最後のチャンスではないかと思いFacebookの投稿後にカメラを持って椋梨ダムから下流の沼田川の合流地点まで椋梨川に沿って、豪雨災害による被害状態を撮影して来ました。

日曜日なので工事が休みですが交通に支障が有ってはならないので、早朝を狙いましたが・・・

結構時間がかかりました(^^;)。

しかし実際に見て来て気が付く事が多かったです。

帰宅後、写真編集をしながら調べてましたが、早速情報提供をいただき勉強になりました(感謝)。

「広島土砂災害」八木3丁目の現場&白木街道:JR芸備線鉄橋崩落現場の【フォトリポート】が遅れていますが、
終わり次第今日撮影分の【フォトリポート】をさせていただきますので今しばらくお待ち下さい。

※※※

https://president.jp/articles/-/26005?fbclid=IwAR29xLyk-SJSQGo5LGVktOyV57hk_pVRZrcWr9qzADp6t-s5FF3yDhRcVJs

↑この記事に対しての裏付け調査。

現在、僕が調べている元になった記事。

椋梨ダムの「緊急放流」は本当に正し手順で行われたのだろうか?

橋本さんの考える「トップ同士の意思疎通」が出来ていれば僕も納得行く操作だったと思う。

「放流します!」と放送はあったものの・・・

いつもと変わらない「放流情報」のみで『命の危険』『財産を奪う危険』を表す様な情報伝達は全く無いに等しい位、普通だった。

下流の三原では情報すら流れていない。

本当にトップの方々は、「緊急放流」をする事によって下流の人達の命、財産を奪ってしまう災害になる事を承知で決断したのだろうか?

今日もこれから、資料集めでカメラを持って調べに行きます。

おバカな僕が、今まで何の為に【フォトリポート】と称してカメラ持参で行動して来たか?

今になって自分で理解できるようになった。

2年前に「東日本大震災」の事を少しでも自分の目で見て感じたいと岩手〜福島を愛犬と見て来て、現実を知る事が出来た。

そして調べる事でいろいろな事が分かった。

実際に自分も災害で被災者になり、「他人事」でなくなり更に考える事が多くなった。

今、僕が出来る事はこの「緊急放流」について、少しでも納得が出来るのか?

調べる事です。

それでは行って来ます。

クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ