2人の記念日

photo & illustration by Yuki Ozaki

 
Team K 2015.3.28~

Yuki Ozakiプロフィール

野鳥と蝶の撮影を続けています。 鳥見は1991年から、撮影は1994年に始めました。 蝶の撮影は2004年から始めました。イラストレーターとして代表作は大阪城公園鳥だより、大阪南港野鳥園など多数。 500mmレンズを担ぎたい一心で2007年10月から2015年6月までジムで基礎体力作りに専念。 2010年12月からカメラ専門店勤務。 2015年3月28日、昆陽池公園野鳥観察グループ“チームK”発足。代表を務めています。日本野鳥の会ひょうご会員。 2022年4月現在、野鳥ライフリストは471種。 2020年4月から浜甲プロジェクトUを手伝う。 無断転載禁止(全ての作品の無断使用・加工をご遠慮下さい)

過去ログ

チームK年表

2015年3月28日 昆陽池公園野鳥観察グループ「チームK」発足 2015年11月 早期退職 2016年9月 タカ渡り定点調査開始 2016年11月3日 情報ボード設置 2017年2月 カメラ店閉店 退社 2017年2月 フクロウの樹 完成引越 2017年5月29日 アオバズク初認 2017年6月6日 アオバズクペア確認 2017年6月19日 アオバズク巣箱ふる庭に設置 2017年4月 タカの渡り全国ネットワーク定点調査地登録 2017年9月 タカ渡り9daysスタート
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:yuki
そうなんですがー
天気で写り具合が変わるので、
曇だと色が出ないんですよ…
尾羽の黄色の幅は写真で比較は
かなり難しいと思っております^ ^

喉の黒の境界線も同じ理由で、
あてにならないと個人的には思います(笑)
投稿者:Y村Y
 ユキさんの1W2種の写真を見比べてみると、欠損ちゃんの尾羽の黄色のバンドは(太さは写っている角度で変わると思いますが)色味が薄い様に見えるけれど、初列に黄色味が出ている個体は、尾羽の黄色のバンドが太くて色もはっきりしている様に見えます。
 楽しい考察だけれど、悩ませてくれますね。キレンジャク恐るべし!
投稿者:yuki
ふと、気付いたのですが、
もしかして、♀の方が黄色で、
♂の方が白いんでしょうか??
固定概念にとらわれていて、
どうしても♂の方が色があって美しい、
♀の方が地味って意識が強いのですが、
実はレンジャクの場合、逆だったりして(笑)
投稿者:Y村Y
 確かに!。コリンズの図鑑でも、1Wの初列がYellowish-whiteとあるのは、白の色味。♀の図でPale yellowとあるのは、黄色の色味。あえて、♀のイラストがあるのが、違いがあるという事だとしたら、色味の表現は、逆の方が理解しやすいですよね。
投稿者:yuki
最近の図鑑であっても、♂♀成鳥すらも
きちんとしたサンプル写真が載っておらず、
♂♀第1回冬羽の記述も図鑑により
書いてあることが違っていて、
どれが本当かわからなくなります。

それどころか、写真と解説が一致しなかったり、
どちらともとれる書き方だったり、
理解に苦しむものばかり。

図鑑はあくまで参考に見るものであって、
信じるものではないのだと今回思いました。
解説者により見解が違う、又は
解説者自身もわかっていないのかも
しれないですね。
投稿者:Y村Y
違いを見つけて、謎に挑む!ドキドキします。
 仮説を立てる事で、自分の仮説に反する材料を探し、検討する事が出来ます。私もキレンジャクを、より身近に感じる事が出来ました。
 ユキさんの仮説が正しいかどうか?気になるところですが、違いを見つけられる眼を持って居られる事の方に◎したいと思います。

Team K YouTube

動画・囀り録音を公開しています 画像をクリック!

昆陽池公園野鳥情報

昆陽池公園駐車場横「ふるさと小径」入口に情報ボードを設置しています 情報提供チームK 随時更新中!画像をクリック!

Yuki Ozaki Gallery

大阪城公園鳥だより

バナーをクリック! イラストを担当しました

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ツイッター

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ