2人の記念日

photo & illustration by Yuki Ozaki

 
Team K 2015.3.28~

Yuki Ozakiプロフィール

野鳥と蝶の撮影を続けています。 鳥見は1991年から、撮影は1994年に始めました。 蝶の撮影は2004年から始めました。イラストレーターとして代表作は大阪城公園鳥だより、大阪南港野鳥園など多数。 500mmレンズを担ぎたい一心で2007年10月から2015年6月までジムで基礎体力作りに専念。 2010年12月からカメラ専門店勤務。 2015年3月28日、昆陽池公園野鳥観察グループ“チームK”発足。代表を務めています。日本野鳥の会ひょうご会員。 2022年1月現在、野鳥ライフリストは471種。 2020年4月から浜甲プロジェクトUを手伝う。 無断転載禁止(全ての作品の無断使用・加工をご遠慮下さい)

過去ログ

チームK年表

2015年3月28日 昆陽池公園野鳥観察グループ「チームK」発足 2015年11月 早期退職 2016年9月 タカ渡り定点調査開始 2016年11月3日 情報ボード設置 2017年2月 カメラ店閉店 退社 2017年2月 フクロウの樹 完成引越 2017年5月29日 アオバズク初認 2017年6月6日 アオバズクペア確認 2017年6月19日 アオバズク巣箱ふる庭に設置 2017年4月 タカの渡り全国ネットワーク定点調査地登録 2017年9月 タカ渡り9daysスタート
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:yuki
平野部のタカ渡りとはそんなにダイナミック
とは知りませんでした!
教えていただき、ありがとうございます☆
平野のどこかを通過してるには違いないと思いますが、
問題は昆陽池上空を通過するかどうかという
ところにありました。
それを大予想したOさんは本当にすごい!
我が家では「Bitzuは偉大だ!」←親しみを込めた愛称です(笑)
を連発しております(^_^)
投稿者:山村 由美子
以前、加古川の印南の探鳥会のお手伝いをした時、肉眼でもハチクマと分かる程に落ちてきたタカ達が一羽が上昇気流を見付けると、次々に上空へ登っていくのを見た事があります。平野部でのタカ渡りはダイナミックですよ。大和川が近くを流れる河内平野の只中にある実家の近くに「鷹合」という所が有ります。ここでタカを見たことはありませんが、昔は渡るタカが沢山見られたところなんじゃないかと想像しています。ランドマークの山や川が近くにある平野部では「何でも有」。記事を読んでいると思い出してワクワクします。今年はあまり見られなかったので、又来年が楽しみです。

Team K YouTube

動画・囀り録音を公開しています 画像をクリック!

昆陽池公園野鳥情報

昆陽池公園駐車場横「ふるさと小径」入口に情報ボードを設置しています 情報提供チームK 随時更新中!画像をクリック!

Yuki Ozaki Gallery

大阪城公園鳥だより

バナーをクリック! イラストを担当しました

カウンター

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ツイッター

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ