ちいさなチカラ 〜猫エイズ、白血病、ガン…だけどシアワセ〜

「欠けている」から感じられるしあわせ…黒猫牧場、ごきげんさん日記

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:よっし〜
ビー君の後ろに浮かぶ影の姿に

なんだかホッとした感じになりました。
投稿者:のりママ
セリさん、みんなと一緒のお休みタイム、至福のときですよね。私はまだ手術の傷口が心配なので、ダンナも追い出し、ドアにカギをかけて休んでいます。(8.4キロのふくちゃんに乗られたら・・・・) みんな、もうしばらく待っててね!
投稿者:尚さん
柔らかな優しい明かりですね。本を読みながらうつらうつらからグッスリとした眠りに陥りますね。
ヒナちゃんがビー玉お目目になるのわかります!ビー君が…もう一人Σ(・◇・;)ノしかも、同じ大きさに色。Σ(゚Д゚;ノ)ノそりゃ、ヒナちゃん、びっくりだわ〜。

ニャンコさん
お孫さん達に殺されゆく猫ちゃんわんちゃんの事をすべて理解するのは難しいと思いますが、ミーちゃんをこよなく愛したおばあちゃまニャンコさんからのお話、きっと、幼いながらも理解出来たと思います。
ニャンコさん、お疲れを出さないよう体調にはくれぐれもご注意下さいね。
投稿者:ニャンコ
セリ様皆様・・ご心配をおかけしました。

今日は娘と孫二人をつれてミーのお別れ式でした。

おとといに先に火葬して頂き、今日は娘と二人でお骨のミーと対面しました。

見事に、標本のように全てのお骨がそのままの姿でした。

愛おしくてお骨のミーにズリズリ。

頭をナデナデ。

私の手を引き寄せた右手はいじらしくていじらしくて・・・

二人でお骨を拾い、可愛い骨壷へ。

そしてセレモニー。

5歳6歳の孫も神妙に手を合わせてくれていました。

事務処理の合間・・控え室で収容され、処理されていくワンニャンの写真を見せながらこんこんと話をしてやりました。

高価な服を着せ、贅沢をさせる・・それも一つの可愛がり方かもしれないけど・・同じように生まれながらも・・こうして誰にも愛されずあたたかいベッドも食べ物も与えられないままの命があると言うこと。

人間の身勝手で、必要がなくなれば捨てられる、元は高価なペット達・・

まだ幼い子供には理解は難しいでしょうが・・命の尊さはかなさを教えたいと思っています。

ですから孫達にも、虫たちにも生きる時間がある・・むやみに捕らえて死なすことは許さないと教えています。

命・・身近な動物の死を感じ取って、悲しみを知り、同じ人間同士のいじめや殺し合いがどんなに嘆かわしいことかをわかってもらいたい。

ニャンコは孫達には、金銭・物ではなんにもしてあげられないのですが、命の大切さ、自分の勝手で他の命を傷つけないこと・・・それを1番に教えていくつもりです。

ミーは孫に抱かれてうちに帰ってきました。

帰りには残されたワンの幸子のために新しい首輪と鎖を買いました。

娘が作ってくれた仏壇?には今までのワンニャンが勢ぞろい。

「ばぁば・・狭くなったねぇ」・・と孫

4つの骨壷と。写真盾。

動物部屋と名づけている部屋で、幸子とニャンコは眠ります。

今でも信じられず、コタツの中でミーが寝ているよう・・・

やっとミーの死が理解できたのか?娘ニャンコが足元でグースカ眠っています。

娘がミーにかまっていて、やきもちですねていた娘のニャンコ・・・

世代交代?

セリ様・皆様やっと落ち着きました。

有り難うございました。

ニャンコ
投稿者:クロすけ
暖かな光で読書、イイですねキラキラ
そういえば最近本を読んでないなぁ。
オススメの本等ありますか?
詩を一日ひとつ作るのを宿題で出すなんてステキな先生ですね(*^‐^)
可愛らしいアクセサリーキラキラ
投稿者:たらこ
セリさんありがとうT_T今夜は隣りにたぬぽんを寝せて、生まれてからの事思い出してます。
私がメソメソしてると4にゃんずが、心配そうに、取っ替え引っ返え擦り寄ってきて励まされてます。
投稿者:らふぃ
我が家は畳に直で布団を引いているので、ちょっとベッドが羨ましいです。
私も寝る前に大抵本を読んでいます。
でも、はじめて読む本はついつい「次の章まで・・・もう一章・・・」とずるずる読んで、気が付くと貫徹なんてことも。
お休み前のハーブティーいいですね。
カモミールとか、ローズヒップとか良さそうな気がします。

ところで・・・・・我が家の押入れで、三つ折の敷布団の上で爆睡している猫さんをどうしたものか悩んでいます。
耳が熱くなっているので、熟睡しているんだと思います。
起すのが忍びないです。

http://aatrouble.blog.shinobi.jp/

いつも ありがとう♪

→→はじめてお越しの方へ←←

↓ポチッと応援して頂けると嬉しいです




フェイスブックで出演、掲載情報♪

ツイッターで「心にやさしい」言葉♪

猫のためにできること







著書

作家、咲 セリとして執筆、講演、テレビ出演を承っております。
ジャンルは、猫、精神疾患(躁うつ病・境界性パーソナリティ障害・強迫性障害・愛着障害)、生きづらさ(アダルトチルドレン・依存症・摂食障害・自殺等)についてです。
ご希望の方は、お問い合わせフォームより、お気軽にご連絡ください。










このブログについて



リンクについて
 一人でも多く病気を知って頂けるよう
 リンクをして頂けるととても嬉しいです。
 

 
 ↑バナーはご自由にお使い下さい

著作権について
 当ブログ内の画像・文章の著作権は
 咲セリに帰属します。

携帯で見るには


記事をワードで検索


このブログを検索

黒猫牧場御用達♪


猫エイズ・白血病・がん
免疫アップに!


貧血対策に



下部尿路疾患に



便秘対策に
うんちどっさり


腎不全対策に
おいしいらしい

記事カテゴリ

過去ログ

母もブログやってます



陶器でできたお人形「つちびと」
沈んだ心に、ほっこり光を灯す
優しい思いと出会いたい方へ


お問い合わせはこちら

ご紹介いただきました

RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ