ちいさなチカラ 〜猫エイズ、白血病、ガン…だけどシアワセ〜

「欠けている」から感じられるしあわせ…黒猫牧場、ごきげんさん日記

 
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:3にゃんママ
どれもとてもキレイな写真。ラスト2の逆光での窓の外の明るさと部屋の中の暗さとライトの暖かな明るさ。。。そして黒猫。まるで絵葉書のよう。
どんなカメラで撮ってるの?って質問しようかと思ったらサイドに載ってましたね。
カメラの良さ+セリさんのセンスの良さですね^^

さて、ハートネット読ませていただきました。
きっとこれを書くのには勇気が必要だったことと思われます。一番隠してしまいたいことだったのでは。。。
性の問題は、被害にあった人じゃなきゃなかなかわからない心の傷があるのでしょう。命を絶ってしまったお友達。。。どんなに深い傷を抱えていたかと思うと切ないです。それでも、せりさんと出会い話をしたことが救いになっていたようにも思います。
今のせりさんがあるのは過去のいろいろな経験があるから。だから他人の痛みに優しく答えてくださるのですね。せりさんは気づいておられますか?あなたの言葉がどれほど多くのかたの心を癒してくださっているか。。。
投稿者:尚さん
青い風景、緑の風景。一日の終わりの夕暮れ。何のへんてつもない、いつも見る風景ですね。黄金色の光に映える黒い猫。幻想的です。
明けない夜はない。生きてるからこそ、朝を迎えられますね。その日にあった出来事、出逢った人、奇跡ですね。何のへんてつもない一日も奇跡。
生まれてから何回朝を迎えたのでしょうか?数えるのが、怖いヾ(_ _|||)

ハートネット、衝撃的でした。言葉がなくなりました。私の友人は小学生の時、イタズラ目的の男性に顔面を殴られ怪我を負わされました。幸い近くにいた方に助けられましたが、それ以来男性が怖くて未だにお付き合いが出来なくなってしまいました。今も会えば明るく振る舞う彼女、心に負った傷の深さははかりしれません。
投稿者:ミチコママ
セリさんこんにちは。
先月の14日に愛猫ミチコがおねんねしました。
今頃あいちゃんと遊んでるかもしれません^^
おねんねしてから1ヶ月経ちましたが、ご縁があって新しい子を2人迎えることになりました。
きっとミチコが巡り会わせてくれたんだと思います。

セリさんのお家では網戸が開かないようにテープで止めてあるそうですが、どのようにしているのですか?
投稿者:ぱんでぃ
NHKのサイトを拝見しました。稚拙な文章でほんとに恐縮ですが、コメントもさせていただきました。
なんであんなに改稿がうまくいかなかったんだろう・・・。
毎日の暮らしが当たり前になってくると、ありがたいって気持ちが薄くなりがちです。
そんなとき、ふと立ち止まって、自分の境遇の幸運や、与えられた立場を一度振り返ってみることは大切ですよね。
私はまだ親ではないですが、飼い猫の庇護者として、精一杯のことをやってあげようと思います。また、自分の人生も、精一杯、与えられたチャンスを生かしていきたいです。
投稿者:ちゃびのママ
日々の暮らしには実はステキなことが
あふれているんですよねー。
四角い枠に切り取られた風景では
ありますが、セリさんのお写真を見る
たびに本当にそう実感します。
そして、ちゃびが亡くなってからは
何かにつけ「あの子のあのきれいな
目にはどう映っていたのだろう?」と
思います。
投稿者:よしこ
NHKのサイト、拝見してきました。

性に関することは、誰にとっても避けて通れないことなのに、オープンに語りにくいことでもありますよね。

近親相姦とまではいかなくても、不愉快な経験をしたり、してしまいそうになったことは、女性であればかなりの確立であるのではないでしょうか。

どうやって自分の身(心もですね)を守るか、自分を大事にするか、女性は学ぶ必要があると思います。

でも何より、心に響いたのは、心を裸にするということでした。心をオープンにして繋がれた二人が自然に体を重ねるのであれば、どれだけ深い喜びや一体感を感じられるのか。

特に、これから異性との関係を気付いていく若い女性に、あのサイトはぜひご覧になって頂きたいと思いました。

大事なことを語ってくださって、ありがとうございます、セリさん。

いつも ありがとう♪

→→はじめてお越しの方へ←←

↓ポチッと応援して頂けると嬉しいです




フェイスブックで出演、掲載情報♪

ツイッターで「心にやさしい」言葉♪

猫のためにできること







著書

作家、咲 セリとして執筆、講演、テレビ出演を承っております。
ジャンルは、猫、精神疾患(躁うつ病・境界性パーソナリティ障害・強迫性障害・愛着障害)、生きづらさ(アダルトチルドレン・依存症・摂食障害・自殺等)についてです。
ご希望の方は、お問い合わせフォームより、お気軽にご連絡ください。










このブログについて



リンクについて
 一人でも多く病気を知って頂けるよう
 リンクをして頂けるととても嬉しいです。
 

 
 ↑バナーはご自由にお使い下さい

著作権について
 当ブログ内の画像・文章の著作権は
 咲セリに帰属します。

携帯で見るには


記事をワードで検索


このブログを検索

黒猫牧場御用達♪


猫エイズ・白血病・がん
免疫アップに!


貧血対策に



下部尿路疾患に



便秘対策に
うんちどっさり


腎不全対策に
おいしいらしい

記事カテゴリ

過去ログ

母もブログやってます



陶器でできたお人形「つちびと」
沈んだ心に、ほっこり光を灯す
優しい思いと出会いたい方へ


お問い合わせはこちら

ご紹介いただきました

RSS
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ