堅ちゃんのスケジュールは、きゅーぴーはーと「堅ちゃんカレンダー」でチェックしてくださいね。

2010/6/25  10:30

今日はKen's Bar in N.Y.の一般発売  平井堅ちゃん

Ken's Bar in N.Y.のチケットはアメリカのみの発売で、B.B. King BLUES CLUB & GRILL のHPからオンラインで注文できますが、日本時間、今夜23:00〜一般発売開始ですね。

気になる、FC先行の公式ツアーパッケージの詳細がまだUPしていないし、DMの発送のお知らせもないですね。

FC先行の抽選予約は6/29の0:00〜というのに、まだ、発送されてなかったら、郵送じゃ間にあわないですよね。
多分、ネットでDMをダウンロードまたは閲覧できるんでしょうけど。

ツアーの詳細を見てから、個人で行こうかと考えている人にとっては困りますね。

多分、アメリカのみの発売というのは、現地の方に来てもらいたいからでしょうね。
でも、日本からのツアーの枠がどれくらいあるのか、行きたい人にとっては気になるし、金額等も気になりますよね。

日程によっては行けないこともあるし。

自由に選択できるように、早くツアーの提示をしてほしいですね。

私は全く考えてませんが。
国内の遠征も諦めてるし、今回は伊勢一ヶ所に決めてるので。

堅ちゃんのN.Y.公演がどうしても見たい人も日本にはいますよね。

また、国内のKen's Barとは別物だし、狭い会場で、近くで聴ける機会もそうないしね。

お金と時間さえあれば飛んで行くんですが・・・

ちなみに、オンラインで購入する方は、こちらのページの日付を選んでエントリーしてくださいね。
http://www.bbkingblues.com/schedule/index.shtml

座席の4人or6人用のブースは、会場図の丸い端に固定されたブースで、自由席125ドルの席は、他に並んでいるテーブルに自由に座れるようで、先着順だそうです。
スタンディング以外はみんなテーブルがあるのでご心配なく。
場所指定が必要な方は4人か6人の150ドルの席をまとめ買いしないと買えません。
でも、近くで見るなら、自由席でしょうね。
http://www.bbkingblues.com/group/index.html

おそらく、チケット発売スタートと共にアクセスが殺到すると思うので、売りきれになる可能性もあるし、でも、現地の人があまり知らないようだとそんなに混まないかもしれないし、どんな状況になるかわかりませんが、チャレンジしてみてね。

チケットは現地引き取りなので、本人のみでないと発券されないので、クレジットカード等は本人のものを使用して下さいね。

エントリーの仕方は、こちらの記事に書いてあるので、参考にしてね。

N.Y.のBarも見てみたいな〜。
どうか、映像化してくれますように。
おまけの密着映像もお願いします!
7



2010/6/26  9:36

投稿者:ikuchan

★みこさん
はじめまして。
チケット無事に買えたようでよかったですね!
安心しました。
また、感想を聞かせて下さいね!
楽しんで来て下さい!

2010/6/26  2:13

投稿者:みこ

初めまして。
ここのブログでニューヨークのチケットの購入方法を知って
無事に購入出来ました。
ありがとうございます。
帰ってきたら少しでもレポしますね。

2010/6/25  22:54

投稿者:ikuchan

★Tさん
いい仕事してますね!ってウケました。
ありがとう!

2010/6/25  22:47

投稿者:ikuchan

★桔梗さん
最近のネット事情はすごく便利で、英語ばっかりの画面でも、googleをツールバーにしてあるので、翻訳のボタンをポチッと押すだけで、画面全部日本語に一瞬で変わるの。
なので、ちょっとおかしな翻訳もあるけど、便利よ〜。
会場の写真、クリックして色々見てました。
妄想が膨らんで、見てるだけで楽しいです。
あこで見たいよね。
どんな選曲で、どんな英語のMCするのか、楽しみだよね。
映像期待しましょうね!

2010/6/25  19:12

投稿者:桔梗

こんばんは
いつもありがとうございます。
辞書片手にプロフィールも見ましたが
「そう?」って思ったのは
正しく訳せてないからでしょうか。
もっと勉強しておけば良かったと
今更ながら思います。
会場の写真、良いですね。
日本でもこんな雰囲気のところで
ライブして欲しいですね。
チケットが取れないでしょうが。
別世界のような Ken's bar in NY
記事と写真だけで、楽しんでいます。
ここで歌う堅さん、幸せでしょうね。
映像になりますよね。
これを残さないでどうする、大滝さん!

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ