堅ちゃんのスケジュールは、きゅーぴーはーと「堅ちゃんカレンダー」でチェックしてくださいね。

2010/1/24  10:35

no music,no dream  平井堅ちゃん

昨夜のテレビでやっていた映画「デトロ・メタル・シティ」を見始めたら、最後まで見入ってしまった!
田舎からPOPミュージシャンになりたくて上京してきた、松山ケンイチ演じるひ弱な男は、全く芽が出ず夢はなかなか叶わない。好きな女の子にも思いは通じず。
ひょんなことから、松雪演じるヘビメタを愛する女性に洗脳?されて、知らない間に悪魔系ヘビメタでデビューして大ヒットしてしまう。

でも、本当にやりたい歌はPOPなので、まったく冴えないその歌を普段はストリートで歌ったりしてがんばるけど、全く見向きもしてもらえず、ヘビメタの格好をしているときに、好きな彼女にそんな歌を歌う人は最低!とかってののしられ、絶望して田舎にかえってしまう。
その時に、お母さんは息子がヘビメタをしていることをもう、勘付いていて、挫折して歌を諦めて帰ってきた息子に語る言葉に涙が出そうになった。
「歌で人に夢を与えられるなんて素敵じゃない!あなたにしかできないことよ。
形はどうであれ、頑張りなさい!」というような言葉でした。
神社には絵馬に「息子の夢が叶いますように」と書かれているのを見つけてヘビメタに戻る決意をする。
ヘビメタをやっているのを分かっていて、それでも夢を諦めずに、人に夢を与える歌を歌いなさい!と言えるお母さんって素晴らしい!

先日から、堅ちゃんの歌は、人々に癒しや元気を与えて、幸せにするって言ってたけど、夢も与える歌ってほんとに素晴らしい仕事だよね。

堅ちゃんにも、人を幸せにしたり、勇気を与えたりできる歌を歌えるのはあなたしかいないんだから、頑張って歌ってね!
と伝えたいです。

何だか、ちょっとヘビメタで夢を与えるのと、堅ちゃんのとは違うかもしれないけど、でも、いきつくところは同じだよね。

そのケンイチ君も、今までは夢を追いかけてきたけど、これからは、人々の夢のために歌おう!と言ったのが、感動的。
彼のモットウで、「no music,no dream」、素敵な言葉ですね。

ちょっとタイムリーな映画だったので、書いてみました。
9



2010/1/29  16:58

投稿者:ikuchan

★rukaさん
堅ちゃんだけでなく、芸能界で頑張っている人には、こちらからは全く想像もできない大変なことや辛いことがあって、それを乗り越えて華やかな世界で自分だけを信じて頑張ってるんでしょうね。
多くの人の目にさらされて傷つくことも多いでしょうね。
堅ちゃん自身、芸能界には向いていないとずっと思いながらも、好きな歌を歌いたいという一心で頑張ってるんでしょうね。
もちろん、堅ちゃんの歌を聴きたいと思って聞いてくれる人のためにも頑張ってくれてるんだと思います。
そんな中で、夢を諦めずに頑張ってくれている堅ちゃんに感謝したいですね。
この世界で歌ってくれたからこそ堅ちゃんの歌に出会うことができて、もっと堅ちゃんの歌を聴きたいという欲も出て。
わがままだけど、やっぱり歌ってほしですね。
これから、しんどい思いをして、自分を見失ったり、人として扱われないことで辛い思いもすると思うけど、そんなときこそ、先日のラジオじゃないけど、いい友達や、心を癒せる場所があって、本当の自分に戻れるときをたくさん持ってほしいですね。

rukaさんの思いも、きっと、堅ちゃんに届きますよ。
心も体も健康でいてほしいですもんね。
私も、堅ちゃんが歌いたいと思ってくれる間は、歌手平井堅もそっと応援して、普通の平井堅としての幸せも祈っています。

2010/1/29  15:34

投稿者:ruka

音楽の世界で生きるのは、私達が考えている以上に大変な事だと思う。
孤独に音楽と向き合って、身を削るようにして作った楽曲も、良い楽曲であっても商業的に成功するとは限らないし...
楽曲のサイクルも短くなるばかりで、消耗品のように使い捨てられて、すぐに過去のものとなってしまう。
成功と引き換えにして、人々の好奇な目に晒されて、プライベートでも全てを自由には
できなくなり、不自由な息苦しい日常。
ファン以外の世間一般の人々は、誤ったイージで堅さんを見てい、相手の痛みすら顧みずに酷い言葉を投げつけてくる。
それでも、音楽を続けているのは音楽を愛しているからだし、堅さんの音楽を好きなファンがいるからだと思う。

私は、芸能人ではない平井堅個人に戻る事ができる場所や時間、芸能人ではない彼自身を見てくれる友人がもっと沢山できて、平井堅個人の人生が豊かになる事を願ってる。

2010/1/25  8:32

投稿者:ikuchan

★桔梗さん
ドラマとわかっていても、可愛そうすぎたよね。
あの歌はドラマだけではもったいないよね。
私も限定Barの大阪の公演で「君が笑ったら」聴きましたよ。
すごくよかったですよ!
また歌って欲しいね。

2010/1/24  22:00

投稿者:桔梗

ほんとにね、せつないですねぇ。
ドラマって分かってても堅さんが
可哀想でね。
あんな思わせぶりな事しといて、
元に戻るか?ってね。
ありがとうで終わり?
もう可哀想、やるせない。
役者はあれ一本で充分です。

「君が笑ったら」15周年で歌って
欲しいですね。
FC限定ライブのリクエストで、どこかの
会場で歌いましたよね。
名曲ですわ・・・泣けます。

2010/1/24  20:55

投稿者:ikuchan

★桔梗さん
懐かしくて、君が笑ったらの動画だけ見てきました。
また泣けてきたわ・・・
皆さんも良かったら泣いてください。
http://www.youtube.com/watch?v=ru0NElHdOxk

2010/1/24  20:46

投稿者:ikuchan

★桔梗さん
わ〜、せつない、懐かしいね〜。
また、見たくなってきたわ。
あの、堅ちゃんも同じく歌手を目指す青年でしたよね。
何となく堅ちゃんとかぶりますね。
ほんとに、堅ちゃんの歌が聴きたいだけかも。
あれは、好きな人のために歌うんだけど、多くの人のためにも歌いたいと思ってくれるとうれしいね。
あれはドラマだけど、何となく堅ちゃんそのまんまな気がして、かなりせつないです。
君が笑ったら、すごくいい歌ですよね。
あんないい歌が作れて歌える堅ちゃんはやっぱり歌うために生まれてきたんですよね。きっと。
堅ちゃんが喜びを感じてくれると幸せですね。

2010/1/24  18:35

投稿者:桔梗

こんばんは
“せつない”を見直してしまいました。
「歌を聴きたいって・・・俺の歌を
聴きたいって言う人が居てるんです」って
台詞を言いますね、だからやめないって。
そのまんまですよね。
ただ聴いていたいんです、堅さんの歌を。
何故か?なんて理由は無いのです。
望んだ誰でもがなれるわけではない
歌手というお仕事。
その中でも、多くの心に届く歌を
歌えるのは、きっとほんの一握りの
選ばれた人だけでしょう。
悩んだり迷ったり、弱音を吐きながら
でも良いから歌い続けて欲しいです。
辛い事も多いかも分からないけど
堅さんにとって、喜びや幸せがその中に
少しでも見つかればもっと嬉しいですね。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ