堅ちゃんのスケジュールは、きゅーぴーはーと「堅ちゃんカレンダー」でチェックしてくださいね。

2021/11/22  12:29

先週土曜日の鈴木さんのライブ  平井堅ちゃん

堅ちゃんのライブはなかなか有観客で開催されませんが、鈴木大さんのライブは、今年は2回目の有観客ライブが開催されましたね。
生で聴くピアノはまた違う感動がありますよね!
堅ちゃんのライブには行けなくても、大さんのライブで、堅ちゃんを感じることもできたかもしれませんね。
ブログに書かれていたセトリを見て、もう、生で聞きたかった〜!と思ってしまいました。

レナードの朝の「Dexter's Tune」
は堅ちゃんのライブで流れるSE
堅ちゃんもあの映画を見てこの音楽に感動したと言ってましたよね。
「桔梗が丘」/平井堅
コロナ禍で離れて暮らす家族を思うと泣けてきますね。
堅ちゃんもなかなか帰省できなくて、お母さんにも会えてないんだろうな。
今、聴いたら泣けてきますね。

「Better Tomorrow」
大さんのオリジナル曲の中で一番好きな曲
とても懐かしい優しい思いがする曲ですね。

「ラプソディー・イン・ブルー」/ジョージ・ガーシュイン
これを大さんが弾いてくれたことにびっくり‼️
母校の東京音楽大学を受験した時に弾いたと書かれてましたね!
これを弾いたのか!
私が高校の授業でこの曲を聴いて、感動した曲!
のだめカンタービレでも有名ですが、ガーシュインの名曲!

最近、ピアノにハマって、色んな人のピアノ演奏を聞いたり、クラシックにはあまり興味がなかったのに、ショパン国際ピアノコンクールを毎日見ていたり、そんな時の大さんのクラシックの選曲にも嬉しく思いました。

大さんは幼少期からピアノもエレクトーンもしていて、どちらも素晴らしかったけど、やっぱりピアノが大好きだったんでしょうね。
高3で、ガーシュインを弾いて合格するなんて!
素晴らしいね!

私も今自分の青春期に夢中になっていたことや音楽を振り返っていたところです。
兄の影響もあってあらゆるジャンルの曲を聴いていて、聖子ちゃんや明菜ちゃんのアイドルから、オフコースから、フュージョンやジャズ、洋楽など、若い頃に聴いていた曲が、今でもそれが肥やしになっていて、曲を聴くと当時のワクワクが蘇ってきて、当時と同じ気持ちに戻れる。
自分を振り返る時に、音楽を聴くと一瞬で振り返ることができる。
大さんも、そんな思いがあったのかな?

コロナ禍、自分の中の色々な執着を手放したりする人が多かったと思いますが、そのきっかけになったのも音楽です。

音楽は人生の中で、なくてはならない必要なものですね。

私が堅ちゃんに出会ってからは、何を思い出すのも、堅ちゃんの歌とライブが基準で、全ての出来事に、常に堅ちゃんの歌があったなと。
学生の頃の曲は人生を作る基礎になって、堅ちゃんに出会ってからは、生活の一部として不可欠なものになってますね。

あのライブの時に子供たちはああだったなとか、そんな思い出ができるように、早く生でライブに行けるようになるといいな。

https://ameblo.jp/masarusuzuki/entry-12710985956.html
26



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ