堅ちゃんのスケジュールは、きゅーぴーはーと「堅ちゃんカレンダー」でチェックしてくださいね。

2021/5/7  1:50

2021.5.4J-WAVE「J-WAVE GOLDEN WEEK SPECIAL Mercedes-EQ presents BROADEN OUR HORIZONS」ラジオレポ  平井堅ラジオレポ

2021.5.4J-WAVE「J-WAVE GOLDEN WEEK SPECIAL Mercedes-EQ presents BROADEN OUR HORIZONS」

C:クリス・ペプラー 
N:長濱ねる
K:平井堅

C:ここからは平井堅さんの25周年についてお話を伺っていきましょう。
N:まず25年のキャリアってすっごく長いと思うんですけど、振り返ってみていかがですか?
K:そうですね〜。あっという間っていう気もするし、色んなことあったから長かったなって気もするし、ただ、ほんとに歌うこと以外何も考えずに生きてきたので、そういう意味では社会人としては非常に欠落してるなと思いますけども。
N:その中で伝承と進化というか、自分の中で変わって行った部分と変わらなかった部分とかありますか?
K:難しいですね。なんか変わらないというか、気持ち的に変わってないことは、歌うことに関しては言葉を、なるべく言葉を伝えたいというか、言葉を聞き取りやすく
変わったね、ヘアスタイル。最近は保守的な髪ですけども。髪はだいぶ色々変えましたね。
C:以前はアフロは?アフロのときもありましたね。
K:アフロの時もありました!20年くらい前、ちょうど21年くらい前にドレッドにしたり、血気盛んでしたね。あの頃はね!
C:それやっぱり、髪型が変わると自分の音楽性も変わってる一つのサインなんですかね?
K:確かに当時もうちょっとR&B色強い楽曲が多かったから、そうですね。楽曲に合わせてってこともないけど、その時のムードで、気分で変えるので、あるかもしれないですね。
今はJ-POP仕様なのかも、J-POP仕様っていうか普通
C:一時期ワイルド状態ありましたもんね。アルマーニのスーツに素肌でガンって着てるっていうそんな時代も
K:あの頃エロ売りだったんですね〜
C:楽園時代ですよね?
K:そうですね。
C:楽園時代はあれは衝撃的でしたよね。
K:割とセクシー売りで、ま、需要があまりなかったので辞めましたけども
C:でもその前もどちらかというと、デビューした当時はピアノマン的な
K:ピアノマン?
C:でもやっぱりピアノを弾いていわゆるシンガーソングライター系だったのが、楽園でそのちょとイタリア伊達男系なノリにセクシー路線にね
K:ねえ、そうですね。気が触れてたんですかね?
C:そんなことはないでしょ〜。レギュラー番組が始まったように、J-WAVE LIVEも毎年ねご出演していただきまして。
K:ほんとに有り難いです。
C:ね〜ほんとにJ-WAVE LIVEは皆勤賞でしたもん、ず〜っと出られたんですよね
K:ほんとに有り難い、J-WAVEさんくらいです。こんなに良くしてくださってるの
C:ほんとですか?
K:本当です。テレビ局とか情とか全然ないから
C:ないですか?
N:眉間にシワが寄ってる!
K:優しいですよね
C:功労賞というかほんとにJ-WAVEも平井さんに非常にお世話になって
K:とんでもないです。
N:そして25周年イヤーを締めくくる5/12には、10枚目のオリジナルアルバム「あなたになりたかった」がリリースされます。
私も一足お先に拝聴させて頂いたんですけど、ほんとに思いが詰まったアルバムになっていて、「あなたになりたかった」って言葉が、すごく自分には強くグってなってしまって。
このアルバムはどんなアルバムになってるんですか?
K:え〜っと、タイトルは、僕自身、人に憧れたり人を羨んだりすることで、自分のエネルギーにしていったところがあってこのタイトルにしたんですけども、
なのでアルバムの収録曲も、わりと他者に憧れたり、ここじゃないどこかに行きたがってるような、何か負けを知ってる人の物語が詰まってるんですけども、そういう主人公にスポットを当てた曲たちを集めたアルバムになってるかなあと思っています。
N:前作から5年ぶりとなるニューアルバムなんですよね!
映画ドラえもんのび太の南極カチコチ大冒険の主題歌「僕の心をつくってよ」や、TBS系日曜劇場「小さな巨人」の主題歌「ノンフィクション」の他、多数のタイアップ楽曲に加え、あいみょんさんとのコラボ楽曲「怪物さんfeat.あいみょん」や、「いてもたっても」という配信限定シングルも初収録ということで、盛りだくさんでたまらないアルバムになってますね!
K:はい。ありがとうございます!聴いていただけると嬉しいです!
C:そして今日J-WAVEでは早朝の番組からこのアルバムに収録されている新曲「1995」独占オンエア
K:ありがとうございます!
C:ありがとうございます!
こちらの楽曲は1995、まあ、1995年ということで、これはどんな思いが込められているんですか?
K:あんまり僕とは歌詞の内容は関係ないんですけども、その1995年僕がデビューした年に、どんな年だったんだろうと、自分なりに思い返してみて、じゃあその1995年って、まあ、残酷な事件や悲しい出来事もたくさんあったんですけども、
阪神大震災とか地下鉄サリン事件とかそういうのもあったし、と同時にTKサウンド(小室哲哉)とか、アムラーとか(安室奈美恵)ギャルがすごく元気だったり、文化としてとても元気いっぱいなものもあって、両方共存してるすごいエポックメイキングな年だったんだなと思って、その1995年を描いてみようかな?って
トラックはオッペケペーな曲なんですけども、それに歌詞を乗っけて作ってみました。
C:そっか〜じゃあ色んな思いが込められた「1995」って感じですよね。
K:そうですね。そんな中自分はデビューしたんだな〜と思って
N:それではお届けしましょう!平井堅さんのニューアルバム「あなたになりたかった」からJ-WAVE独占オンエアの新曲です。

♪平井堅「1995」

C:後半がボリウッドみたいな、ボリウッド!って感じで終わりましたけどね
K:そうなんです。ダブケっていうのかな?ケンモチさんに作っていただいたんですけども
C:でもすごい陽な曲ですよね?
K:そうなんです。アルバムの収録曲が歌詞かな、重い暗い歌詞が多くて、1曲くらいバカみたいな曲が作りたいなと思ってこの曲を作って、まさかリードになると思ってなくて、戸惑ってはいるんですけども。
C:それは平井さんスタイルですよね。結構かなり、辛辣じゃないけど、結構ハードコアな歌詞もあれば、逆の対局のすごい明るいPOP、それ結構平井堅節かな?って言う気がしますもんね
K:そうですね。交互にそれをやってバランス取ってますね
C:あんまり中央っていうのはないですよね?どっちかに振り切るか
K:そうですね。やるなら極端にやりたいなと思ってるんですけども
C:でも、最近インドにハマってるんですか?この曲もインドのモチーフが
K:これはでも、ケンモチさんと打ち合わせしてる時に、ケンモチさんがインド音楽にハマってるっていうとこから、じゃあちょっとこういう感じの曲トライしてみようっていうことで着手したっていう
C:でも以前も1曲あったような気がしたな
K:トラックはそんなじゃないけど、PVはインド人に扮して踊ってるやつ
C:ありましたね〜
N:そしてニューアルバム「あなたになりたかった」と同じ5/12には、MUSIC VIDEO集「Ken Hirai Films Vol.15」も同時発売となります。
MUSIC VIDEO集のリリースおよそ9年ぶりということで、全18曲収録予定のボリューミーな内容となっています!
ミュージックビデオに対するこだわりとかあったりしますか?
K:そうですね、なんか割とかっこよくて、その歌手の方をよりかっこよく見せるために、いい照明を当てて綺麗な質感で撮ってみてみたいなものだけじゃなく、そういうのも素敵なんだけど、それだけに終止するんじゃなくてちゃんと変なものっていうか、プラス、ちゃんとかっこ悪いものもあるようにしたいなと心がけていて、難しいけど有りがちを避けるというか、ていうのは意識して作っています。
N:映像見てもちょっとしたいい違和感というか、それがすごく心に残りやすくって、より歌詞とか歌が入ってくるなと思うんですけども、色んな全然似てないミュージックビデオばっかりなので、ほんとにミュージックビデオ集楽しみにしております。
K:見ていただけると嬉しいです。
C:そして「1995」もミュージックビデオ
K:はい、あの作って、明日からYou Tubeで見れるかな?今テレビで一瞬流れたりしてるっぽいですけど
C:明日子供の日5/5は平井堅オフィシャルYou Tube、8時から20時からプレミア公開される。どんな感じなんですか?
K:えっと、おじいさんが、平井堅の顔を持って走ってるっていうビデオです。走ったり食事したりというビデオなんですけども是非見ていただけると
僕も0.1秒くらい出てるんで。あ!言わない方がいいのかな?
N:見逃さないようにしないと。みんな血眼で探して
K:サブリミナルで出演してます。
C:サブリミナルで、ちゃちゃっと深層心理に危惧するような
N:この時間は平井堅さんをお迎えして伝承と進化に彩られた25年のキャリアを振り返って頂きました。
貴重なお話ありがとうございました!
K:ありがとうございました!
C:ありがとうございました!引き続きJ-WAVEでも応援してますんで。
K:ありがとうございます!J-WAVEさん様様です。ありがとうございます!
N:ありがとうございます!はい。
K:さよなら〜
C:ありがとうございました!平井堅さんでした!
K:ありがとうございました!
17
タグ: 平井堅 ラジオ



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ