堅ちゃんのスケジュールは、きゅーぴーはーと「堅ちゃんカレンダー」でチェックしてくださいね。

2020/11/11  14:34

亀田さんに感謝!  平井堅ちゃん

堅ちゃんの亀田さんが編曲したシングル曲とカップリング合わせて18曲、アルバム5曲。
このどれもが堅ちゃんの代表曲とも言える曲ばかり。
堅ちゃんをPOP STARに導いてくれた人ですよね。
堅ちゃんの方が先に亀田さんのファンで、古時計までに、亀田さんも「楽園」で堅ちゃんの存在を知って、衝撃を受けたという。
これは相思相愛ですよね。
確かに、大きな古時計が堅ちゃんの新しい転機となる曲だったけど、亀田さんに出会えてなかったら、ずっとJ-POP界でトップを走り続けて来れたのかと思うと、やっぱり亀田さんの力は大きいですよね。
アレンジ一つで、曲のイメージも魂もガラッと変わります。
この曲達は、Ken’sBarでも歌われているので、その都度色も変えますが、やっぱり元となるアレンジが鮮明に印象に残っている曲ばかり。
私がお恥ずかしいながらに、一番最初に買ったシングルCDが「LIFE is〜another story」なんですよね。
それまでのシングルはレンタルのみでした。楽園からずっと欠かさずレンタルして聴いてましたけど。
どうしても買いたいと思ったのは、ピアノVer.じゃなくて、亀田さんのアレンジのだったんです。
亀田さんVer.を初めてラジオで聴いた時、感動して鳥肌が立って泣けてきたのを、今でも覚えています。
それと、大きな古時計のカップリングの「Grandfather’s Clock」が大好きで、また亀田さんのアレンジに胸が震えてました。古時計も好きですが、堅ちゃんの英語が大好きで。
そして、代表曲となる「瞳をとじて」もラジオで車の中で初めて聴いた時に、号泣して、これは絶対に大ヒットする!と確信したのを覚えています。
「POP STAR」は今やライブでは欠かせないPOP SONGで、大盛り上がりの曲。
堅ちゃんをメジャーな存在として位置付けた曲だと思います。
後の堅ちゃんがチャレンジする曲や、恋愛には欠かせない曲など、今もお笑いやドキュメントでも必ず流れる曲もすべて亀田さん。
「ノンフィクション」の素晴らしさは言葉になりませんでした。
堅ちゃんの魂の叫びをあれほどに表現してくれたのには感謝でしかないです。
いつも、チャレンジ精神を忘れない堅ちゃんを、舵を取るかのように、正しい方向に導いて引っ張っていってくれる大切な存在だと思います。
この方なしでは、25周年を迎えられなかったと思います。
ほんとに、亀田さん、ありがとうございます!


亀田さんプロデュースのシングル
16th「大きな古時計」「Grandfather’s Clock」
18th「LIFE is... 〜another story〜」
20th「瞳をとじて」
22nd「思いがかさなるその前に・・・」
23rd「POP STAR」
25th「哀歌(エレジー)」
26th「君の好きなとこ」
31st「僕は君に恋をする」「一人じゃない」
33rd「アイシテル」「Unchained Melody」
35th「告白」
38th「君の鼓動は君にしか鳴らせない」
41th「僕の心をつくってよ」
42nd「ノンフィクション」
44th「知らないんでしょ?」
45th「half of me」

アルバム収録曲
「Pain」
「わかれうた」
「Love Is Blind」
「 ON AIR 」
「ブランケット」
13



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ