堅ちゃんのスケジュールは、きゅーぴーはーと「堅ちゃんカレンダー」でチェックしてくださいね。

2020/7/22  15:30

堅ちゃんの右腕大さん  平井堅ちゃん

先日の25th特設サイトでの鈴木大さんのインタビューを読ませていただきました。
とても大切な方のインタビューなので、ゆっくり味わって読もうと思い、感想が遅くなりました。
堅ちゃんとの出会いが一番古い人ですよね。
表も裏も知り尽くした人。
学生の頃からオーディションでライバルだった人が、なくてはならない右腕になろうとは。
お酒が大好きという共通点から仲良くなって意気投合したようですが、堅ちゃんのデビュー当時から一緒にピアノを弾いてくれたり、作曲専攻の大さんだったけど、あの繊細で素晴らしいピアノが堅ちゃんの歌にぴったりで、堅ちゃんの声に寄り添うように弾いて下さるピアニストとしての大さんが、堅ちゃんにとって一番の理解者だったのかもしれないですよね。
ご自身のユニットの活動もしながらでしたが、ライブやラジオの生歌ではどんなジャンルの曲も心地よくて美しい音色のピアノを弾いてくれて、Ken's Barが大さんとお酒を飲みながら、こんなライブができたらいいなと話していたことが実現したとは!
お二人が作ったKen's Barなんですね。
最初から不可欠だった大さんのピアノ。
今も、楽器と歌のシンプルな形は変わらず、今も愛されて続いているのも、大さんや石成さんのおかげですが、やっぱり、リクエストコーナーでも即興で阿吽の呼吸で弾いてくれて安心して歌えるのは、大さんだからですよね。
これが他の方なら、こんなに長くKen's Barも続いてなかったかもね。
どんなイベントやレコーディング、ライブにもいつもまるで空気のように傍で見守ってくれて、堅ちゃんの歌を引き立ててくれて。
大さんしか、どんな曲も絶妙なアレンジで音色であれだけの曲を弾きこなせないですよね。

大さんが、楽園であんなにブレイクするとは思ってなかったと。
ダメだったらTSUTAYAでバイトすると言ってたなんて、そんな秘話も。でも、がんばろうと思うんだと自暴自棄にはなっていなかったと。
そんな堅ちゃんを、常に傍で応援してくれていたから、25年経った今も、辞めずに歌ってくれていられたんでしょうね。
きっと心の友達でもあったんでしょうね。

BarでハッとしてGoodが受けなくてヤケ酒を飲んだこともいい思い出ですね。
何度かリベンジしてましたよね。

これからも、末永く、堅ちゃんの右腕で助けてあげて下さいね!
大さんのピアノが大好きで、ライブを見に行くのも、楽しみにしています。
35



2020/7/23  9:56

投稿者:ikuchan

★どらさん
初めてのBarで、嵐ファンの娘さんが、鈴木さん
のピアノに感動してくれたんですね!
ピアノされてるなら、余計に魅了されたんです
ね!
猫ちゃんも可愛いね🐱

2020/7/22  22:04

投稿者:どら

初めてKen's Barに行った時は娘と一緒でした。娘は根っからの嵐ファン‼️ この時は『まぁ 行ってもいいかな』くらいの気持ちみたいでした。でも鈴木さんのピアノを聞いて突然『あのピアニスト凄い‼️』と…。娘もピアノを弾くのでかなりの衝撃を受けたようです。それから私も鈴木さんのファン‼️ 毎日鈴木さんのブログを覗いています。かわいい2匹の猫の情報が楽しいです。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ