マキキ聖城キリスト教会が神さまから期待されている事は、ハワイのみならず、日本(高知)のみならず、日本全国いや究極は            世界宣教であると位置図けています。 HI96814 829pensacola St TEL.808-594-8919 

2018/11/12

ベツレヘム放浪記(後)  HOPE

10月30日火曜日。イスラエルの選挙日のため学校が休校。せっかくの休みでおまけに渋滞がないとわかったので、同僚のクリスチャン数学教師(元牧師)とパレスチナ自治体に行くことにした。私はベタニアのマリア・マルタ姉妹の家とラザロの墓が見たく、彼はベツレヘムから数キロ南のヘロデの宮殿(兼要塞)を訪ねたいというので日帰りで両方見てこようということになった。
アメリカ大統領がエルサレムをイスラエルの首都と宣言してからイスラエル側とパレスチナ側の亀裂はますます深まり、本当にユダヤ人とパレスチナ人の間に平和は来るのだろうかと考えずにはいられない。
「パレスチナ人に自由がないかぎり、世界平和は未完成である(エミ訳)」とノーベル平和賞、ユネスコ平和賞受賞者であるネルソン・マンデラに言わしめた二つの民族の争い。今日はこの争いの象徴でもある分離壁を越えてあちら側に行ってみる。

ベツレヘムに行くために通過する「チェックポイントスリーハンドレッド(関門300)」に近づいてきた。アメリカ人である私たちがここを通過するのに問題はないとはわかっていても、関門に近づくと緊張する。今日のイスラエル側の運転手は、同僚ジョンの奥さんで、うちの学校の看護師でもあるキャレン。「本当にここでいいのよね?通過できるのよね?違法行為じゃないわよね?」と心配そうに何度も聞きながら関門に近づく。

関門直前のイスラエル側から見る分離壁。落書きなど一切ないコンクリートの高い壁。雲ひとつない晴天の空と、重々しい分離壁が一枚の写真に収まってしまうことがとても不自然に感じる。

ジョン達夫婦、前回は壁の手前に車を停めてあちらに渡り、私たち夫婦は5月に観光バスで通過。なので自分たちの車でパレスチナに入るのは4人とも初めて。あちら側でパレスチナのドライバー兼ガイドさんと待ち合わせている。イスラエルのナンバープレートで関門を通ることができるが、パレスチナのナンバープレートでこちら側に入ることはできない。

驚いたことに関門にはイスラエルの兵士は誰もいなく、難なく通過。(もちろん帰りはそんなに簡単ではなかった。行きはヨイヨイ帰りはコワイ)検問通過中の写真は怖いので撮れなかった。

つづきはHPでごらんあれ
クリックすると元のサイズで表示します
1



2018/11/13  11:50

投稿者:エビス

Bethlehemに入る時パスポートが必要!と説明を受け、バスが中に入れた事を思い出しました

それにしてもエゼキエル書の預言が現実に近くなってきている????
毎回のレポート楽しみにしています。
好美

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ