●ファイルの種類は、pdfとtxt。
●わたしの本の読者さん以外でも、もちろんお読みいただけます (刊行作品とは直接リンクしていません)。
●女の子向けですが、男の子でも、おとなでもOK。
 ただし、わたしの「お友だち」(童話仲間さんとか)は不可とさせていただいてます、ごめんなさい。だって、はずかしいから。
●興味を持ってくださったら、右側のメッセージBOXを使ってお尋ねください(URLなど、詳細はメールでお答えします)。

★支部や「なろう」なども利用してシリーズを投稿しています。こちらのほうが利用しやすい方もあるかも。
★まずは、気軽にメッセージをください。緊張しなくて大丈夫! ホントに^^

2018/11/4

届いていますように。  その他

この秋、今日までに何件か、置き場所についてのお問い合わせをいただいています。
全部返信済みですが……無事に届いていますように。
リンク先、ご覧いただけますように。

「返事がない!」という方は、お手数ですが、もう一度ご連絡ください。
よろしくお願いいたします。

2018/10/17

「おまけ」です。  情報

以前のエントリにも書きましたが、この夏あたりは「おまけ」のかけらが浮かんでも、取り逃がしてばかりでした。
やっと、どうにか形にできて、もうそのことだけで十分うれしいという、志の低さで申し訳ありません。

支部と「なろう」には同じ解説を書いています。
書いたきっかけは「彼らの時代にはまだ今ほどには騒がれてなかったね?」です。

書いている最中に調べたら「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」(ジャック、大好き)が90年代の映画なので、ハロウィンというものは彼らも知っていたと思うのです。
でも、「行事」という感じではなかったですよね?
「パーティーをしよう」といっても実際何をしていいかよくわからない……という4コマ漫画もありました(秋月りすさんの「かしましハウス」)。

そんな20世紀の彼らのお話です。


ところで。

後日改めてお知らせしますけれども、これまで作品を置いていたサイトが閉鎖になります(来年3月)。
一応引越しは可能なのですが、とりあえず、支部と「なろう」を二本柱にしようかと、今、考えています。
どちらかで見つけてくださる方が増え、わたし自身へのお問い合わせはかなり減っているからです。

ただ、これらにアクセスできない方もあるかもしれないですし、まだ決めかねているところです。
もし、投稿サイトは読めない、という方がありましたら、お知らせいただけるとうれしいです。

どうぞよろしくお願いいたします。

2018/9/29

……。  その他

今、ここをのぞき、久しぶり過ぎて絶句しています。

ブログを更新していないということは、本編の更新はもちろん……ということですよね。
7月から9月初めにかけての猛暑(40℃なんて、見慣れてしまった)のせいで、いろんな面で「ダウン」していたのですが、涼しくなった今は「あのくらいでダウンとか」って自分を笑いたくなります(来年の夏は負けないぞーっ、みたいな気持ち。暑すぎるのはイヤだけど)。

動作不能だったので、結果的に、その前から書いていた番外編を寝かせておいたことになりました。
寝かせてから見返せば改善点が見つかるのは、世の(いえ、わたしの)常。
「もうできてる」と思っていたのに、先週あたりから「いや、あそこは違う」「ここが足りない」などと思いつく思いつく……
「全然できてなかった」と身に沁みました。

このあたりは仕事の原稿と同じパターンですが、最初から最後まで自分だけの責任で書いている(編集者さんも校閲さんも校正さんもいない、頼れない)ものですから、「いい加減」にならないよう、心しなくてはと改めて思っています。

今朝も、原稿を直していました(昨夜お風呂で思いついたことを反映させていたら、ほかのことにも気づいたのです)。
「ああ、なんでわたしはこれをスルーしてたんだ!」と嘆く気持ちと、「気づけてよかった」と安堵する気持ちと。
さらに、「そろそろ、この先のことを書かねば」という意気込みと。
(ひとつ先のプランが決まっていないと、この番外編もリリースしにくいのです。ゆるいけど、つながっていますので)

とにかく続けていきます。
よろしくお願いいたします。
番外編、この秋にはアップロードしたいなぁ。

・・・

そして、この数か月間に浮かんでは消えた、いくつかの「おまけ」のネタを、今更ながら「もったいない」と思うのでした。
今度見つけたら、しっかりキャッチしよう……



2018/5/27

駅までの道・駅からの道  その他

東京出張のスキマ時間に、彼らの住む土地のモデルにしている場所(のひとつ)を歩いてきました。
今回は天候・時間・靴のせいで、坂の上のほうまでは行けなかったのがちょっと残念。

挿絵代わりになりそうな画像をいくつか、アップしてみます。
作中とは季節が全然違うのですが、学校(寮)と最寄り駅を結ぶのはこんな感じの場所…と思っていただけるとうれしいです。

季節は全然違うのに、来るべき(?)バレンタイン・ネタのアイデアはしっかりゲットできました。行ってみてよかった、と思っています。
(今は、番外編を書いています)

一枚目は(某話で)さっちゃんのテレカが拾われたあたり。
二、三枚目は坂を見上げた写真。向かって右が墓地になっています(作中では坂からも直接墓地が見える設定で、実際もっと上れば見えたと思います)。
左は山の斜面。この坂の先、山のてっぺんから向こう側に下ったあたりに学校の敷地があるので、寮の窓からも墓地が見えるのです。
四枚目は反対方向を映したもの、駅の方角への下り目線です。

クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

2018/4/12

お礼  その他

昨日、支部の第一話(前編)の「いいね」が1000になりました。

増えるだけじゃなく減ったりもするのでしょうから、最大瞬間風速という感じですが……思ってもいなかった数字なので、「おおお!」と思ってスクショしちゃったりして( *´艸`)

自分のサイトがうまく使えないときに、避難所のように使いはじめて、あとはもうただただ置いてあるだけで……それでも見つけて読んでくださったり、ツイッターでシェアしてくださったり、以前からの読者さんはもちろん、わたしが直接お礼をいえない「どこかの方々」も、この数字を育ててくださったんだと思います。

そのお礼をここでしか書かない(書けない)のも「違う」かもしれませんが、よりよいお礼方法を見つけるまでは、ここで。

本当にありがとうございます。

2018/3/21

最新話をあげました。  情報

このブログの更新自体、いったいいつぶり? という感じですが、更新のお知らせであることが(わたし的には)ささやかな救いです。

本当にご無沙汰いたしました。申し訳ありません。

クリスマス(作中の)からこっち、イレギュラーな内容が続いたので、
「初心に戻って、普通の話にする」
が最新話のコンセプトでした。

普通というのがどういうものか、説明しにくいですが、
「ふたりが自分たちには直接かかわらない出来事のために行動する」
みたいな感じです。

最後のところが「捜査する」「推理する」と書けるとかっこいいんですが(そういうのがわたしの憧れです)なかなか、かないません。

明記していませんが、作中の時間は1月下旬か2月初旬あたりでしょうか。
(ということは、1階のみんなは期末試験の勉強中なのかな?)

ですから、本編的には次はバレンタインの話になるのではないかと思いますが、その前に番外編が。

通常、本編をひとつあげるときには、次の話が「ほぼ」書けています。
そういう状態じゃないと「怖くてあげられない」……それがわたしの習性だからです。
今回は、その点ではイレギュラー。
次の番外編は、ごくごく大雑把な「粗書き」しかできていません。
なのに最新作をアップするなんて、「自身の慣例を破る」という意味でもドキドキです。

でも、「早くあげなきゃ」と気にしていると、次のを書くのがためらわれて(どっちに時間を使うべきか、迷ってしまって)。
そのことに気づいて、「えいやっ」とアップロードしました。
おかげで「迷い」はなくなったので、続きもがんばって書いていきます。


こんなペースですが、引き続きおつきあいいただければ幸いです。

2018/1/1

新年のご挨拶  その他

この数年、「今年の目標100」を書きだしています。
といっても、毎年その半分くらいしか書けないのですが。

そして、実現できるのはそのうちの数えるほど。

今年の目標を書きだすために、一年前に書いたものを見返したら、
「23話をリリースする」
という項目が目に入って、改めて「あああ……orz」となりました。
(ひとつ前のエントリにも書いてありますが、目標だったのに……)

なんと二年越し……情けない……

23話は、先月(つまり目標にしていた昨年の最後の月に)ようやく初稿が上がったところです。
これに続く番外編も骨組みはできています。
細部を推敲して、点検がすめばリリース可能……のはず。

ただ、原稿の総点検は「ひとり」にならないと無理なので(気が散るし、目に触れさせたくないので)家族が家にいるお正月休みが終わり、仕事に気を取られることもない日を見計らって行動したいと思います。


こんなペースですが、今年もどうぞよろしくお願いいたします。



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ