西浦ーぜのお話★11.5  西浦ーぜのお話★

ちょっこっと版
あとでまともなのもうpすると…

泉「ふーん…とりあえずは9月分はいいな」
栄「終わりの方だったし短編は見逃すよ」
【ありがとうございます】
阿「今回もこれ合わせたら後
長編か短編1つとこれもう一つか」
水「管理人頑張ったほうじゃない?」
泉「んーまぁ…てか別ジャンル描けよ」
栄「そいえばHIT小説は?」
阿「そういやそうだな
ネタ切れとか言わせねぇぞ」
【み…水泉は今書いてます(滝汗)】
泉「んで、展開に煮詰まってんのか
このクソニートが」
水「(ちょこちょこべるぜネタ挟むのやめたら?!)」
【(…サーセン
てかニート…否定してよ)】
栄「それよりさ、タジ誕書いてなくない?」
泉「田島かわいそうにな」
阿「明日までに書けよ」
栄「そうそう。ロマチカ見てないで二次創作しなよ」
阿「忍ちん可愛いなぁ…
ヒロさんは泉っぽいなぁ…とか思ってねぇでやれ」
泉「腐女子彼女。とか読んでんじゃねーよ」
栄「あと1ヵ月でオンリーなんだからさ
その前にとっととやりなよ?」
【…はい】
水「じゃあ、今からタジ誕書きなよっね?」
【了解です】

END
(あと、いい加減普通の会話文にするように)
(私ネタはやめろ)
5



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ