桐青ないんのお話っ! 〜西浦ーぜのお話★番外編〜  西浦ーぜのお話★

慎吾さんがとことん可哀想
部室で勉強会の設定です

山「ただいま〜」
利「あれ?山サン!どこ行ってたんすか?」
山「ん〜ちょっとね〜♪」
迅「(Σ後ろに隠してる手に血が…?!)」
慎「あれ…本やんは?」
準「あれじゃないすか?」
窓の外で(明らかに)殺られている本やん
慎「(えぇぇぇ!?何故に!?
何で血塗れなの!?どうした!?何があった!?)」
山「自殺じゃない?(笑顔)」
慎「自殺って!…え?」
利「慎吾さん?」
慎「利央、迅…
俺、山ちゃんの前何も言ってないよな…」
迅「言ってないですけど…」
利「まさか!?」
慎「そのまさかだ…心読まれ「またいやらしいこと考えてたんですか!?」
慎「…は?」
利「そんなんだからいやらしんごとか言われちゃうんですよ!」
慎「なんだそれ!違うからな!」
迅「…………」
慎「迅も引くなぁぁぁぁ!!」
準「迅、逃げたほうがいいぞ」
迅「え…(←どうすればいいか分からない)」
慎「準太、お前普通に失礼だぞ
和己に言いつけるz…バキョッドゴッブシュア!!!!」
←何かが潰れたりした音
ガララッポイッ
←何かを外に放り出した音
「「………………」」
山「おぉ〜…」
利「…あれ?山さんいままでどこに居ました?」
山「どこって…ずーっと3人の話を聞いてたんだよ〜」
利「…(気付かなかった…)」
山「利央ったら意外に失礼だなー!
山さん泣いちゃうぞ!」
利「!?」
迅「?」
ガチャ
和「おーい外に本やんと慎吾が倒れてるんだけど
誰か知ってるか?」
山「本やんは俺の愛の制裁を受けましたー☆」
準「慎吾さんは巻き込まれました」
利「(さらっと嘘付いた?!)」
和「ははっそうか
とりあえず勉強はじめるぞー」
「「「「はーい」」」」

    END
(和サンかっこいい!!)
(えぇぇぇ!?和さんスルー!?)












ЯあとがきЯ
なんとなく山ちゃんを出してから
桐青の話が書きたくなりました
本やんが一言もしゃべっていない件
いやら慎吾さんのキャラが分からない件
色々問題がありすぎるwww
これからも時々暇潰しにやりますよーw
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ