西浦ーぜのお話★9  西浦ーぜのお話★

沖誕の続き
若干カプ表現有りです
(CPは管理人の趣味満載)
故に、普段の西浦ーぜとは全く関係ありませんw


山「と言う訳で西浦ーぜのお話★始まり〜☆」
「「「わぁ〜パチパチ」」」
泉「…つーか誰ですか」
栄「泉知らないの?ほら桐青高校の」
山「センター山ノ井圭輔、通称山ちゃん(サン)でーす☆」
泉「(打順)8番で千羽鶴一緒に渡しにきたの人?」
山「そーそー☆」
水「なんでここにいるんだろ…」
巣「水谷、それは聞いちゃいけない」
水「だよね」
山「元敵の所にきてるのもなんかアレだけど
暇だからしょうがないよねッ☆」
本「山ちゃん!!
暇じゃないでしょ!受験あるんだよ!?」
山「ゲ…本やん…」
栄「ちなみにこの人はファーストの本山さん」
泉「阿部にブロックされてた人か…」
本「ゲ…じゃなくて!
こんなところで遊んでないで勉強しなきゃ!」
山「平気だよ〜
ここの管理人だって受験生なのに
ロクに勉強してないもん」
田「だよなー!!」
西「まぁ、ここの管理人は異質だから…」
泉「常識は通用しないな」
本「だから、早くかえって勉強しよ?」
山「まだ大丈夫だよ〜」
栄「まぁまぁ…
今日の会話が終わるまではいたらどうですか?」
山「そだよ、本やん!
たまには息抜きも必要だよ?」
本「山ちゃんの人生は息抜きだらけだよ…」
水「ま、今日はいいんじゃないですか〜?」
泉「というかここで正論言っても
何の役にも立ちませんし」
本「えぇ!?」
田「異次元なんですよ!ゲンミツに!」
巣「だから正直受験とか関係ないです」
本「!?」
西「受験は原作の方のあなた達が
頑張ってくれますよ」
「「「(あれ?何か西広が…)」」」
西「そんなことにも
気付いてなかったんですか(ニコ
西浦と桐青が一緒に居る時点でアレですよw」
本「…………………」
水「に…西広…?」
西「なに?」
巣「なんかあったのか…?」
泉「とりあえず、落ち着こうぜ…」
西「俺は落ち着いてるよ(ニコ」
「「「(絶対違うって!!!;;)」」」
沖「あの…どうかした・・・?」
「「「(沖…!!)」」」
西「なんでもないよー(笑顔)」
沖「ていうかその人大丈夫?」
山「そこのはほっといていいからw」
↑そこの=固まってる本山
泉「本山さんの扱いひでぇな…」
水「なんか泣けてきた…」
泉「は?」
水「自分見てるみたいで…orz」
栄「それ本山さんに失礼だよw」
泉「同じく」
田「ゲンミツに!」
水「ひどい…」
「「「あははっ」」」
水「巣山も沖も西広も笑わないでよぉ!」
山「ほぉ〜…そういうことかぁ〜…」
水「へ?!」
山「君、本やんと同じタイプだね〜=ヘタレ(ボソッ」
沖「今、小さい声でヘタレっていわなかった?」
西「気のせいだよw」
巣「そういう山ノ井さんは
栄口と泉を足した感じかな?」
山「どんななの?」
巣「あ、笑顔で恐ろしいことをやってのけて(栄口)
かつ、あんまり本心を見せない…ツンデレ的(泉)
なイメージがあります」
泉「上はともかく、下はわかんねーな…
(←カッコ内はあえて無視)」
田「巣山ってよく観察してるんだな!」
栄「かっこいい♪」
山「何でそー思ったの?」
巣「ん〜…
何か、本山さんに対する…「本やんがなに!?(怒(ズイッ!!」
栄「にこにこにこにこ」
水「(山ノ井さんも栄口も怖い…)」
泉「(すご…巣山動じてねぇ…)」
田「(このアイスうめぇvV)」
沖「(栄口…)」
西「(田島、アイス零れてる…)」
本「はっ!(あれ?今、山ちゃんの怒号が聞こえたような…)」
巣「ここに来たのだって
本山さんの気を引かせるためなんじゃないですか?」
山「………」
本「?」
巣「大方、受験勉強で
あまり構ってくれないからとか…もがっ!!」
栄「その辺にしとこーねー(小声(睨」
巣「(なんで!?;;)」
栄「(あとは…)お二人ともそろそろ帰られたらどうです?」
泉「(!)そっすね
そろそろお開きですし」
山「んじゃ、お言葉に甘えて☆
ホラ、本やん帰るよ〜」
本「あ、うん
ありがとね」
沖「いえ、お構いなく」
西「気を付けて」
田「またきてくださーい!!」
泉「さすが栄口」
栄「泉こそ、なんのこと?」
泉「べつに」
水「何々?」
泉「水谷うっぜ」
水「ちょ!!待って!ひどい!」
栄「水谷?さっきの巣山の話聞いてた?」
巣「愛情の裏返しだって」

     END
(そっか!泉はツンデレ!)
(巣山&栄口め…あとで殺す…)








бあとがきб
…なんか
当初より、本山ノ井色が濃い気が…
今回は番外編的な感じなのでアベミハは居ません(笑)
田島が若干空気化orz
花井がいないからかな…
今度は出そう(笑)
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ