西浦ーぜのお話★12 〜ていうか反省会〜  西浦ーぜのお話★

久々過ぎる西浦ーぜです\(^o^)/
29日に拍手頂いたのを(今更)気付きました!
いや、ホントありがたいです(ノω;`)
という訳で、パソコン開く時間ないので小説代わりに西浦ーぜとか更新しよかなーっとか考えてます(^O^)
では、スクロールで久々過ぎる西浦ーぜのお話★
(キャストは11.5のまま)












栄「よし、死のうか」
阿「生きてる価値ねぇな」
泉「このゴミ虫」
水「(初っぱなから容赦ねぇぇぇ(´□`;)!!)」
【いや、ホント…全くです】←相変わらずのカンペ
栄「この間までは小説更新してたから見逃してたけどここ最近全くだよね」
泉「書いてるくせにうpれないとか意味わかんねー」
阿「ただのクズだろ」
泉「低能?」
栄「いや、むしろ能無しだってwww」
阿「なんか最近はB○Rとかにもいってるみたいだしな」
栄「本当、浮気性だよね」
泉「でもコイツ好きなキャラに対してドMだから言っても無駄だろ」
阿「キモいな」
栄「阿部に言われたらお仕舞いだね」
阿「どういうことだよ!」
泉「三橋に対してのお前と同じリアクションだってことだろな、三橋」
三「ぅ?!」
阿「三橋ィ??!!!」
水「あれ?!どこにいたの?!Σ」
田「ずっと隣の部屋で待機してたー!!」
栄「よく泉は気付いたね」
泉「いや、田島からメールきた」
田「泉なら言ってもいいかなーって!!な、三橋!!」
三「う、ん。泉くんな、ら…言って…、怒られ、な…」
泉「あぁ、管理人に?」
三「うん。」
水「(その通りだよなぁ…)」
阿「三橋ぃ?!何故俺に連絡してくれなかったんだ!!俺とお前、バッテリーは一心同体だろぉぉぉ!!それとも三橋は泉のg(強制終了)」






END
(本当、阿部気持ち悪いね)
(不愉快だ)
(阿部大丈夫かぁー?)
(あ、べく…)
(なんだろう、この疎外感…)











(;゜◇゜){あとが、き!

久々過ぎてみんなのテンションがわかりません\(^o^)/
でも楽しいね、西浦ーぜwww
好き勝手出来るからでしょうかwww

とりあえずこれからもちまちまやっていきたいです(^O^)
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ