あたしへの意見、苦情、コンサートへのお誘いなどはこちらまでお願いねん。
映画の試写会、一緒に行く人がいなかったら、あたしを誘って〜〜


→ Bobliotheca書庫@Amazon.co.jp

別館≪ロックじゃんけんぴょん≫のほうにも来てくだぱい

 ←ブログ人気ランキングにも参加しました。検索としても利用できるよん。

高額ボックスセットの価格動向はここでチェキ!

     

2006/12/31

2006年のアルバム BEST 3  ロック・フォーク・ブルース

 ボブ・ディランの『モダン・タイムズ』とWaTの『卒業TIME〜僕らのはじまり』、アンジェラ・アキの『HOME』が良かったわねん。
 ロックの世界で“老成”の境地に至ったのはボブが最初の人じゃないかしらん。ただ爺さんになった“老”だけの人、年不相応の体力を発揮している“反老”の人はたくさんいるけど、“老”に“成”が付く人は今のところボブくらいのもんよん。歌詞と同時進行でこれまでのキャリアが走馬燈のように思い出されますが(あたしの幻覚か?)、自伝『Chroicles』を含め、ボブが人生の総括にかかってる状況を考えると、いつの日か絶対に来るXデーが怖くてたまらないんだわさ。JBも逝く時にはあっけなかったもんな〜〜〜。『モダン・タイムズ』でますます精神的依存度がアップしちゃったので、なおさらヤバイわん。心の危機は結構すぐそこだと思うよん。マジでど〜〜〜〜する??????


   
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ