あたしへの意見、苦情、コンサートへのお誘いなどはこちらまでお願いねん。
映画の試写会、一緒に行く人がいなかったら、あたしを誘って〜〜


→ Bobliotheca書庫@Amazon.co.jp

別館≪ロックじゃんけんぴょん≫のほうにも来てくだぱい

 ←ブログ人気ランキングにも参加しました。検索としても利用できるよん。

高額ボックスセットの価格動向はここでチェキ!

     

2005/10/31

【concert】10/31(月) 長谷志恩/マンダラ2  ロック・フォーク・ブルース

 バッファローちゃん&ベネ女ちゃんと一緒に吉祥寺のマンダラ2に長谷志恩くんのライブを見に行ったよん。ペルメージ・レコードから出た『登校拒否児』は、ボブ・ディランの『No Direction Home』の次くらいにたくさん聴いてるんだわさ。
 一番最初にSHINDOが登場して、長谷くんは2番目。SHINDOが終了した後にアブドーラ小林みたいな怖い系の人がベースを持って出てきたので、志恩くんはもっと後かと思った矢先に、志恩くんがふらふら出て来ちゃって、アルバムに入ってない曲を歌い始めたんだわさ。このプロレスラーみたいなベーシストはSAMON、それからドラムはKenzi & The TripsのMOH-CHANていう超ベテランの人みたい。調べてみたら『登校拒否児』にも参加してるわねん。
 アルバムではアコースティック・ギターの弾き語りで入ってる「普通の空」も今日はロック・バージョン。他に「My Life Once Again」、タイトル不明の曲、「登校拒否時」「心」を含めて全6曲を歌ったよん。野獣系のリズム・セクションにも全然負けてない熱唱だったわん。アコギ1本だけの弾き語りライブもやってるみたいなので、近々見に行こうと思います。
 志恩くんのステージが終わった時点で9時をちょっと過ぎてたので、とっとと帰ろうかと思ってたんだけど、志恩くん用のアンケートを書いてるうちに会場が暗転してしまい、帰るタイミングを失っちゃいました。でも次に出てきたトリの騾馬三世(“らばさんぜ”と読むらしい)は面白かったよん。TVの電車男みたいな人が持ってたギターが超ユニーク。ボロボロのクラシックギターのボディの後ろにブリキの洗面器が付いていて、フィンガーボードはフレットレス、どういうチューニングをしてるかわからないんだけど、出てくる音はアコースティック・ベースみたいな感じなのよん。音楽も摩訶不思議だったわん。

カワイイ度:☆☆☆☆(志恩くん)
名曲度  :☆☆☆☆
ブラボー度:☆☆☆☆☆

会場禁煙度:☆☆
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ