クリの日記2

 

カレンダー

2020年
← November →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

QRコード

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:クリ
山口のおばちゃんさん

これは昨日、NHKの「ものしり英語塾」という英語番組でとりあげていたもので、すてきな英文だったので、日記の題材にしました。ディケンズもよくわかりません!(笑)

とんともさん
それでカナダに行ったとはステキング!(みちこ風)
以前、カナダからALTが来ていて、赤毛のアンとこの島の話、よく聞きました。
投稿者:とんとも
実は私アンの大ファンです。ワーキングホリデーでカナダに行ったのも、(スキーも理由の1つですが)モンゴメリが産まれ育った地を見に行く!!でした。レンタカーで島中を回り、にすばらしい島、素敵な人に出会い、今ではとても良い思い出です。今度は家族で行きたい所ですが、それは、夢のまた夢です。
投稿者:山口のおばちゃん
そうですねぇ〜クリさんのブログにアンが出てくるとは。。。ですねぇ〜♪
どちらかというと、イメージはディケンズかな?(笑)
投稿者:クリ
童女さん お久しぶりです。今の本離れしている子供たちに読ませたい作品だと思います。
投稿者:童女
赤毛のアンは、私も夢中になって読みました。その頃は? まだブーム?にはなっていなかったかも知れませんが!
投稿者:クリ
一美さん、聖書を知らないで欧米の文学は読めないでしょうね。そしてシェークスピア・・・!ショー的要素が強いプロレスでさえ、ゴングが鳴る前に聖書の言葉を引用して、叫んでますもの!(爆)

家内に「赤毛のアン読んだことある?」と聞いたら「何で?」と言うので、「ただ聞いただけ。」と言うと「読んだ。」という4文字にも満たない言葉が返ってきました。(爆)

大草原の小さな家にしても、開拓時代の信心深い人たちを題材にした素晴らしい作品だと思います。
投稿者:たるきぃとな一美
赤毛のアンの話がクリさんの日記に出て来るとは思いもよりませんでした。 先日、特別版(3時間!)DVDを買ったばかりです。 大好きな作品なんですが、書籍全ては読んでないんですよね〜 アンの映画の中で、聖句が引用されたり、精神的基盤として浸透しきっている様子が見受けられ、他のアメリカ作品でもそうですが、実行できるか否かに関わらず、彼らの土台なんだなぁと感じる事が度々あります。 今の日本より、まだ混沌のアメリカの方が期待できるのではと私が考えるゆえんです。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ