壊れかけのテープレコーダーズ Official Web Site
http://kowarekake.com/

小森清貴 solo Album『カトレア』発売中 詳細

小森清貴 Twitter @kiyotakakomori
連絡先 kiyotakakomoriofficial@gmail.com

bury the summer

2016/9/8 | 投稿者: komori

 かなり久しぶりのブログ更新です。

 今年の夏は、大森靖子とともにあった。なんせ、日本主要夏フェスのその殆どに、それこそほぼ毎週出演するという、後にも先にもないような、凄まじい夏であった。いや、後にはなくとも、先にはあって欲しいか、あらねばならぬな。

 そして、最後の夏フェス出演となった先日のBAYCAMPで、ラストに靖子さんが両手を開き十字架の形のままステージを見つめ、そのまま背中から客席にダイヴした瞬間、自分の中での今年の夏が終わった。それは意識の変化、覚醒、明らかなる過去未来の断絶の瞬間とでも呼べばよいだろうか、過去は過去として夏と共に葬り去られ、無数の現在が未来を模っていく刹那。脱皮のその亡骸を捨てよと、未来は時に残酷に呼びかける。だから、本当は未来には何も残らない。

 そしてロックミュージックとは、そういうある種の残酷性のもとにおいてのみ、成立するのではないかと。史実が語るように、それは伝承のようでいてやはり伝承とは決定的に違う、分断からの派生と更新により今日まで生きながらえてきたものなのではないかと。未来へ向かうためには、犠牲が必要なのかもしれない。その犠牲のスケープゴートとは、昨日までの自分なのかもしれない。

 だから、十字架だったのかも、しれないな。
0



コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません





AutoPage最新お知らせ