壊れかけのテープレコーダーズ Official Web Site
http://kowarekake.com/

小森清貴 solo Album『カトレア』発売中 詳細

小森清貴 Twitter @kiyotakakomori
連絡先 kiyotakakomoriofficial@gmail.com

SuiseiNoboAz

2014/6/26 | 投稿者: komori

 SuiseiNoboAzから溝渕さんと範夫さんの脱退がオフィシャルに発表された。こういったニュースが発表されるたびに毎度思うこと、他人のバンドの内部の事情にとやかく言うつもりはないし、最終的には誰にもそんなこと言う資格はないが、やっぱりいざこう公表されると寂しい想いは拭えない。

 あくまで個人的な話だけれど、ボアズの2ndと3rdを聴いていなかったら、今回の壊れかけのテープレコーダーズの新作「broken world & pray the rock ‘n roll」は存在しなかったかもしれない。勿論1stも素晴らしいんだけれど、なんだろう、この2作に通ずる衝動、多分僕はそれに知らず知らずのうちにすごく影響を受けており、そして多分、真似したかったんだと思う。夏に出したかったのも、そういう理由だ。なんだろう、この2作は共に夏に出ていて、そこには夏休みに14歳だか15歳の少年がロックに目覚めエレクトリックギターを手に不敵なな笑みを浮かべ世界に歯向かうに至るのに十分な衝動が刻み込まれていて、僕はそれをあたかもそんな年代のクソガキのような憧憬でのめりこんでしまい、そして多分、真似をした。そのくらい、格好良かったんだよね。「15歳のポケット」や「どこにいても」といった楽曲群は、ボアズを聴いていなかったら生まれなかったであろう。

 今後、ボアズの名を1人背負い続ける道を選んだ石原さんが、どういった方向へ向かうかは分からないけれど、どんな形であれ、またあの完全無欠のロックンロールを轟かせてくれたらな、と思う。

 そして、あの3人の演奏が聴けて、共に同時代に演奏が出来て、自分は幸せだったと思う。ありがとう。





0



コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません





AutoPage最新お知らせ