壊れかけのテープレコーダーズ Official Web Site
http://kowarekake.com/

小森清貴 solo Album『カトレア』発売中 詳細

小森清貴 Twitter @kiyotakakomori
連絡先 kiyotakakomoriofficial@gmail.com

テープ 記録 残響

2014/6/2 | 投稿者: komori

 6月になりましたね。あと1ヵ月で上半期も終わるのか。最近は壊れかけ新譜発売に関する諸々の作業に精を出しております。実は録ってから、出す、その間の期間の業務の諸々が一番大変。でも良いの出来たから、ちゃんと届けられるように頑張ろう。思えば上半期はこいつの下準備に費やしたな。1月2月はアレンジの見直しや練習や試し録りとかして、3月4月で録って、でもう今に至るだよ。

 日々Twitterとかで書いてる通り、色々決まったり更新されたりのスピードが速くなってきております。こまめにHPのNews欄やTwitterをチェックしてね。
 
 レコ発は8/18、下北沢シェルターで行います。実は壊れかけでは初めてなんだよね。やはり一度は出ておきたい、ロックの殿堂、シェルター。ブッチャーズのワンマン観にいったりしたことを思い出す。やっぱりLOFTとかシェルター、そういう歴史の重み、を感じる。そこを取り巻く大気に。

 レコ発の対バンはかねてからずっと共演したいと思っていた百々和宏とテープエコーズに出ていただくことになった。このタイミングで共演出来ることを、本当に嬉しく思います。僕が始めて東京のライヴハウスに足を踏み入れて観たバンドはモーサム・トーンベンダー。17歳の冬、学校を午前中でさぼり鈍行列車に揺られ3時間、まだ歌舞伎町にあった頃のリキッドだ。あの頃の歌舞伎町は今の100倍くらいおっかない街だった印象がある。

 この前、テープエコーズのワンマンを観に行った。百々さんはなんも変わってない。ずっと憧れを持ち続けてるピュアすぎる人。優しい人なんだと思った。それが故に強い人。彼のような人をロックンローラーと呼ぶのだろう。
 
 ちょっと感傷的な文章になってしまった。でもなにか、色んなことが感慨深く思えることが、最近多々ある。ようやくここまでこれた、って実感が、今回のアルバムにはある。

 今日はここまで。今月はアルバムに関するブログ投稿を増やそうと思いますので、よろしくね。







1



コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません





AutoPage最新お知らせ