壊れかけのテープレコーダーズ Official Web Site
http://kowarekake.com/

小森清貴 solo Album『カトレア』発売中 詳細

小森清貴 Twitter @kiyotakakomori
連絡先 kiyotakakomoriofficial@gmail.com

Paradiseのこと 「beatomIn'flower'」断章

2014/2/21 | 投稿者: komori

いよいよ本日深夜、Paradiseレコ発。

Paradiseと壊れかけのテープレコーダーズはこれまで何度も対バンして来た。お互い、企画に呼んだり、呼ばれたり、共同企画をし灰野敬二さんお招きしたこともあった。(今考えてもこれは凄い対バンだ。またいつか改めてこの面子でやりたい!)個人的にも一ファン、一客として何度となくライヴも観に行った。そして、その度にその「何度」という語彙は払拭されっていった。いつも、何度観ても、はじめて感じるような心の震えを覚えた。はじまりだけが更新されていく感触。それは最早経験にすら成りえることのない、蓄積されるこのない何ものかだった。積み重ねられるよりかは、崩されていく感じ。それは、はじまりというかは、終わりと呼ぶべきなのかもしれない。Paradiseのライヴは、常にそれは終焉の現場だった。何ものも残され得ぬ、浄化と破壊による更地。

それは常に「その時」で以外あり得ないものだった。その瞬間のみがすべてだった。彼等は、呼詩君は、それだけに全生命をかけていた。

Paradiseをはじめて観た日のことが、ちゃんとこのブログにも記されている。これ。

恐らく、今宵もまた新たなはじまりと終わりの場面に僕らは立ち会うことになるだろう。Paradiseがいて、壊れかけのテープレコーダーズもいる。また対バンが出来る。とても光栄なことであり、楽しみなことだ。

そして、今回の新譜「beatomIn'flower'」が本当に素晴らしい。聴かせてもらった感想を送ったメールを、呼詩くんが大変喜んでくれて、それはいつの間にかオフィシャルに掲載された僕からのコメントになっていた。(笑)「いや、あれは実はコメントを書くつもりで書いたものじゃなくて、ただ率直な感想をメールしただけで、改めてこのアルバムのコメントを書くよ」と言ったのだけれど、それはまだ書けていない。(すみません…)いざ、腰を据えて何かを書こうとすると、あの作品にことばが到底遠く及ばないことに苦心してしまう。どうにか作品を説明しようと、こねくり回されたことば達は、硬直化し、僕が世界で最も嫌悪するあの「音楽評」めいた紛い物と化してしまう。思い返せば、聴いた後即メールで綴ったことばは、そういうものではなかったのかもしれない。自分からすれば随分語彙のない文だとも思うのだが、紛れもなくそれは「その時」の感触であったことは確かだ。そこに、速度は確かにあった。もしかしたら呼詩くんはその速度を感じ取り、気に入ってくれたのかもしれない。彼も、速度の中で生きている人間だから。

最近、ひょんなきっかけで呼詩くんと何度かさしで会話をした。彼は、ステージ上の振る舞いやパブリックイメージとは裏腹に、とても明るく、社交的で、ひょうきんでユーモア溢れる奴で、会話がとても弾む。音楽や芸術全般についてもとても博学で、彼の口から飛び出す固有名詞の数々が、とても刺激的だ。何より、憧れが強い人間なんだなということが、とても共感を持てる。ロックドリームを持ち続けてる人なんだなと。そして最高のエンターテイナーだ!登場だけで周囲の空気を一変させられる奴なんて、今時そうはいないよ。しかも演奏時間内半分はステージに出てこないしね(笑)。

なんだが散漫とした文章になってしまった。取りあえず、今日のイベントに対する僕の個人的な想いの丈と、未完の「beatomIn'flower'」へ対するコメントの断章として、これらのことばをここに残しておきたい。

クリックすると元のサイズで表示します

0



コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません





AutoPage最新お知らせ