壊れかけのテープレコーダーズ Official Web Site
http://kowarekake.com/

小森清貴 solo Album『カトレア』発売中 詳細

小森清貴 Twitter @kiyotakakomori
連絡先 kiyotakakomoriofficial@gmail.com

1月中旬日記

2014/1/19 | 投稿者: komori

今週はなんだかすごくインプットが多い週でした。まあ、主にブラーの来日を観に行ったことが大きいのだけれども。咀嚼と消化が間に合いません。

1/13(月)
秋葉原GOODMANに久し振りにthe morningsを観に行く。直前にラリーさんの脱退が晴天の霹靂の如くアナウンスされ、現編成での事実上ラストライヴ。このバンドは周囲がどう変わろうとも、これからもずっと同じメンバーで続いていくだろうと思ってたのでショックは大きい。10周年企画や新作の制作を前に何故もう今すぐ?という話をじゅんや君とした。その内容は割愛するけれど、志が高いバンドだからこそ、次のステップへ向かうための前向きな決断だったんだなと解しました。彼等はかつてバンドのことを家族同然と言っていたけれど、家族だってやがては散り散りになるんだもんな。こういうこともあるか。ライヴはそんな脱退の話題性や感傷に媚びることなく、バキバキしてました。久し振りに観たせいか殆ど知らない曲。それが嬉しかった。ああ、この人達もまた2010年とは違う今を生きてるんだと思った。

1/14(火)
ブラーの来日公演@武道館に行って来ました。チケット取ってなかったんだけれど、朝ツイッターで流れてきた前日@Zeppの神セトリを見て、どうしても行きたくなってしまい、当日券に並ぶことを決意。極寒の中外で1時間半も並んだ甲斐あって無事当日券をゲット!はじめて生で観るブラーは、予想を遥かに上回る現役感で、本当に至福の時間でした。繰り出される歴史的名曲の数々。音響が悪い、と再三言われる武道館の環境をものともせず、その緻密に構築されたポップセンスには感嘆の嵐で、2時間のライヴがあっという間でした。これが世界トップの実力か、と。以降、今週僕はすっかりブラー漬けの日々です。ブラーについてはまた後日何か書こうと思います。再結成して、新譜は出てないけれども、でも彼等にはファンが待ち望んでいる演奏すべき楽曲達、20年!の時を経ても全くもって色褪せることなき楽曲がある。それでいいんだ、と思った。THIS IS POP!

1/15(水)
U.F.O CLUBにて壊れかけ2014ライヴ初めでした。U.F.Oはこの1月で18周年。おめでとうございます!結成当初からずーっと継続的に出続けてる場所って、ここだけかもしれないな。それだけ常に刺激を提供し続けてくれる箱ということです。この日は対バンの長野から来たslumがめちゃくちゃ良かったなあ。長野って行ったことないけれど、確かにその場所でしか生まれ得ない音楽な気がする。USインディーを土着的に消化したそのスタイルは、どこかand Young…に類似するものを感じた。皆さん、是非slumお勧めですよ。2月に円盤のイベントでnestに来ますよ。僕らも今年は是非長野へ行かなきゃなあ。壊れのライヴもよく出来ました。来てくれた方、ありがとう。今年も頑張るぜ。

1/17(金)
夜、国分寺のとあるスタジオにてドン・マツオ氏のソロアルバムのレコーディングにギターで参加。メンバーは、ドンさん(Gu、Vo)、マッタさん(Key)、壊れかけ44O(Ds)、壊れかけ小森(Gu)、ソコラノグループ大野くん(Gu)、三木さん(エンジニア)、そしてムーさん(Ba)!!メンバーの誰もが事前に曲すらも知らされることなく(!)、当日ドンさんよりわたされたコードとアバウトな展開のみ記載されたメモを頼りに、なんと一晩でアルバム1枚分計8曲をレック。これは今まで経験のしたことない作業で、実に新鮮でした。メンバーの誰もが曲の完成像を知らない。ドンさんすら知らないのではないか?それは神のみぞ知る領域。その領域、バンドマジックを信じ、ひたすらに今己らがやりうるべき演奏に皆で向かい合う模様は、音楽の元来在るべき姿のような気もしました。うん、本当は至極自然で当たり前な作業なのかもしれないですな。ドンさん曰く「音楽は固まってはいけない」。これはズボンズの時からずっと彼が追い求め掲げ実践し続けているテーマですね。はて、どんな作品になっているのかな。完成が楽しみです。


ブラー2009年のハイドパーク。人、人、人!武道館でこれラストでした。やばかった。


若かりしブラー。イケメン。この曲大好き。

長野のslumの映像探したけど現編成でのが見つからなかった。是非実際にライヴ観に行ってみて下さい。






0



コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません





AutoPage最新お知らせ