壊れかけのテープレコーダーズ Official Web Site
http://kowarekake.com/

小森清貴 solo Album『カトレア』発売中 詳細

小森清貴 Twitter @kiyotakakomori
連絡先 kiyotakakomoriofficial@gmail.com

営業

2012/5/19 | 投稿者: komori

今週は、広島で負傷した右足を引き摺りながらピンクトカレフのライヴを2本決行し、それ以外の時間は主に「ハレルヤ」のフライヤーとポスターを東京中のライヴハウスに配布する営業活動に精を出し、過ぎて行った。

5年続けて、少しは名は知れたのかな、馴染みでないライヴハウスやリハーサルスタジオを回っても、僕等のことを知っていてくれたり、温かく迎え入れてくれる場所が沢山あって、バンドマン冥利に尽きます。ポスターでかし横長で幅取るんだけど、沢山のお店で貼ってくれそうで、嬉しいなあ。本当にご協力頂きありがとうございます。

クリックすると元のサイズで表示します

これがフライヤー兼ポスターの表面です。フライヤーでも十分格好良いんだけど、これがまたでかいと格好良いんだよな。ちなみにポスターは、初回数量限定で、ライヴ会場で「ハレルヤ」お買い上げの方に特典として付きます。

その他にも、ツイッターでは再三告知しておりますが、購入者特典が色んな店舗で続々と決定してるんで、詳しくはコチラを。

自分で出来る範囲のことは、出来る範囲以上は結局出来ないんだけど、やれるだけの最善は尽くしますよ。結局自分の足で歩いて自分の目で見た景色しか、経験とは呼べないからね。何より一人でも多くの人にちゃんと作品を届けたいから。

マネージメントなんていないから、不器用ながら、齷齪手探りでやっている、未だどうにもこうにも折り合いのつかないような活動をしてるけど、それでもやっぱり続けたならその歳月に比例するネットワークってものは確実に生まれてくるもので(ただ、これは常に自らを外へ向けて繋がりを探し、発し続けていたら、の話だ)、そういった、どんな些細な繋がりでもいいんです、あなたの一度切のRTでもいい、それを含めた一連のプロセスが、「ハレルヤ」という作品に収束される、2012年の、ひとつの物語を織り成している、今、まさに、そのことを僕は誇りに、励みに、思っています。だから、ありがとう。

営業というとどうも手垢に塗れた言葉に聞こえるけど、それもまた愛情表現の一環であり、たいよね、誰しも、だって遊ぶことも働くこともそんなに大差ないだろう、世界や社会に疲弊なんてしたくないだろう、だって歴史、営み、すべて、在るべくして生まれてきたんだから。損得勘定、自己防衛、ステータス、本当はその先にあるものこそが人間の利益だ、豊かさだ。

と、毎日こんな風に楽天的に思っている分けでは決してなく、日々嫉妬心や焦燥に苛まれる縛られるからこんなに愛おしい音楽ですらクソ面白くも何ともなくなるのを救うのもまた音楽だからね、きっと。


0



コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません





AutoPage最新お知らせ