壊れかけのテープレコーダーズ Official Web Site
http://kowarekake.com/

小森清貴 solo Album『カトレア』発売中 詳細

小森清貴 Twitter @kiyotakakomori
連絡先 kiyotakakomoriofficial@gmail.com

田舎の出来事

2012/1/24 | 投稿者: komori

昨日は目白のブックギャラリー「ポポタム」にて、komori+yusaアコースティック。次郎さんも時々(まさに時々自動ならぬ時々次郎!)マッコリのボトルで頭を叩く、お得意のパーカスで数曲参加。壊れかけの曲のみをみっちり1時間近くアコースティックでやるのは初の試みで、とても新鮮で、楽しかった。何れも自分で作った曲達だが、改めてどれも素晴らしい楽曲だなあと再認識出来たし、きっと今まで作ってきた壊れかけの曲達は、自分が歌うために作った、という以上に、あらかじめ遊佐も歌うために作られている気がして、そういう意味で、初めから僕一人の主体性から放たれ、他者に向けて開かれてるんだろうな、とも思った。

クリックすると元のサイズで表示します

次郎さんの曲も数曲一緒にやったりして、楽しい夜でした。
どうもありがとう。

komori+yusa アコースティック アンプラグド・ライヴ
2012.1.22 at ポポタム

1、箱舟は来なかった
2、てるてる坊主は吊るしたが
3、次の夢へ
4、曇りの裂け目
5。迷路
6、すべてを白紙に
7、チューインガムの熱気球
8、雪どけ水を飲みほして
9、見たことないうた、聞いたことないそら
10、生まれる


録音した音源を一通り聴いたけど、凄く良かった。録音状態も良かったし。これは何かしらの形で発表したいな〜、いやしなくてもいいかな〜… 
来なかった人、残念ってことで(笑)

イベントはまだ続いているんで、皆さん是非足を運んでみて下さいね。ライヴ外の時間でも、せめて次郎さんの展示だけでも、必見なんで。

クリックすると元のサイズで表示します

「田舎の出来事」っていうタイトルに関して、次郎さんの文章があって、ちゃんとは覚えていないんだけど、

どこにでも田舎がある

みたいなことが書いてあって、それがとても印象的で、打ち上げでも、田舎と都市は対極しないということを仰ってて、ああそれはと僕もずっと同様に思っていたことで、同時に寺山の「田園に死す」も思い出したんだけどその話は出来なかったなあまた今度ね次郎さん!

僕は「東京」だなんて思えないから多分歌詞で東京って言わないのかな。茨城県北の、海と田園風景が広がる故郷で思い描いてたようには、ここは遠い場所じゃなかったような気もするのです。

あと、やっぱり空は続いてるじゃない。
それを思うと、どこも、ここだ!と言い切れるほど、
ここなのです。僕には。




0



コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません





AutoPage最新お知らせ