壊れかけのテープレコーダーズ Official Web Site
http://kowarekake.com/

小森清貴 solo Album『カトレア』発売中 詳細

小森清貴 Twitter @kiyotakakomori
連絡先 kiyotakakomoriofficial@gmail.com

TRASH-UP!! vol.8

2011/3/4 | 投稿者: komori

遅ればせながら、雑誌掲載情報です!

クリックすると元のサイズで表示します

2月26日発売の「TRASH-UP!! vol.8」にて、壊れかけのテープレコーダーズ、初のロングインタビューが掲載されております。しかも、驚くことに巻頭特集。結成秘話から、アルバム「箱舟」にまつわるエピソードなど、私コモリを中心にメンバー各々の思いの丈が記されております。(しのさんだけ不在)インタビュアー兼文字起しまでしてくれたseogramさん、屑山編集長はじめ、携わってくれた頂いた皆様、どうもありがとうございます。

出版不況と言われる最中、STUDIO VOICEをはじめとした、僕が10代の頃から愛読し、自己形成の大きな指標となった雑誌群達は、ここ数年の間に次々と廃刊になってしまった。Webがそれらに取って代わった、と言えばそれまでだが、Webは僕等に並大抵ではない能動性を要求するため、未熟で脆弱な能動性じゃ到底相応し切れずに、結局は一周して安易な受動性に終始してしまう、まだまだ僕等凡人にとってはそういうツールな気がする。

だけど雑誌は違う。例えば今回の「TRASH-UP!!」のような雑誌には、最早そういった能動性の介入する余地など、ない。編集部の趣向濃度120%の情報の束を前に、僕等はただただ圧倒されるしかない。世間一般の需要による相対論の前よりはるか現前に立ちはだかる、絶対みたいなもの。Webが最大公約数的なパロメーターで情報が羅列されているのに対する、少数派、いや、孤独・孤高故の、密度と強度。

僕がかつて雑誌に求めていて、昨今失われてしまっていたものの多くが、この「TRASH-UP!!」には、ありました。本当に、光栄です。

是非、ご購入あれ!「箱舟」買わなくて、こっち買いなよ!なんて(笑)

撃鉄や住所不定無職のインタビューも載ってます。

http://www.trash-up.com/
0



コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません





AutoPage最新お知らせ