壊れかけのテープレコーダーズ Official Web Site
http://kowarekake.com/

小森清貴 solo Album『カトレア』発売中 詳細

小森清貴 Twitter @kiyotakakomori
連絡先 kiyotakakomoriofficial@gmail.com

1/28

2009/1/28 | 投稿者: komori

ディスクユニオンより、いよいよ『聴こえる』プレスの段階に入るとの連絡届き、予定通り2/11のライブではお披露目出来るとの事。で、ユニオン各店にはももう既にこんな感じで告知始まってます。
クリックすると元のサイズで表示します
こんな感じ。両隣が気になる。

それからそんなユニオンにて偶然発見した冊子「2008年インディーズシーンを振り返れ」というのに(下の写真左上)、デモCD-R『BASEMENT TAPES』が選出されてました。ユニオン行ったら手にとってみて。こういうフリーペーパーはやはり良いと思う。なんだかんだ、紙媒体の力は強い。ライブのフライヤーとかもどこ行っても目にするものなんかあって、そういうのはさすがに数打たれてるだけあって目に止まるし、そのバンドなりハコなりイベンターなりの誠意や努力も感じる。そんなこんなで我々もアルバム告知用のフライヤー作りました(下の写真・下段)。こちらも秋永悠画伯のデザイン。祈りを託し、撒こうと思う。
クリックすると元のサイズで表示します

ちなみに右上は、壊れかけ〜とは全然関係ないが、今日行ったフェリーに映画祭のチラシ。今、吉祥寺バウスシアターで連日4本くらい上映してる。今日は観た事なかった『女の都』という作品を観たが、これを観て自分のフェリーにの描く世界に対する憧れを再認識した。それは放蕩の極限、あらゆる価値が逆転・崩壊するような、祭の世界みたいなもの。終わらない、遊び。フェリーにとか寺山修司とかアレサンドロ・ホドロフスキーとかの映画の世界。

だけど自分の作り出す歌は、それとは逆な、もっとどこへも行けない、密室に閉じ篭っているような、そんな感じがする。憧憬は憧憬のままなのか。果たして密室の重い蝶番をこじあけたいのか。そんな部分が伝わって、「現代に甦るジャックス」と呼ばれたなら、それは私にとって本望なことなのかもしれない。
0



コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません





AutoPage最新お知らせ