壊れかけのテープレコーダーズ Official Web Site
http://kowarekake.com/

小森清貴 solo Album『カトレア』発売中 詳細

小森清貴 Twitter @kiyotakakomori
連絡先 kiyotakakomoriofficial@gmail.com

パンク

2010/3/31 | 投稿者: komori

なんとなく、立て続けにライヴがあったりすると、反動でその後しばらく呆然としてしまうことが多い。日中は労働をしつつも、どうもぼんやりしてしまった。

感覚を取り戻そうと、夜はライヴを観に出かけた。29日は再びモーションにてju sei、殺生に絶望、あみのめ、ハカラズモなどを、30日は円盤にて穂高亜希子さんを観る。好きな音楽家達。毎日毎日、どこかで誰かが演奏している。利光さんがファズを踏む瞬間や、穂高さんのピアノの即興部の自由さを見てると、また楽器に触れたくなる。

YouTubeで神聖かまってちゃんがNHKの音楽番組に出演した時の映像を観たが、衝撃的だった。最後グラサンを外したヴォーカルの方の目つきは、きっとジョニー・ロットンはこういう目をしていたんだろう、と思わせる何かがあった。ぞっとした。


最近家ではCDを余り熱心に聴かず、YouTubeやMySpaceを観覧することが多い。職種柄それもどうかと思いつつも、完成されていないものや、過程的なものってのは、やっぱりいつでも一番尖っていたりするなあと思います。リンクに釣られきりがないが、大きな答えみたいなものを求められていない感じと言うのが、現代的なのかもしれない。

混沌が、寧ろ健全さであるような。

そういう時、自分の作る歌は随分古臭いと言うか、いなたいなあとたまに思いますが、案外歌詞の一語一句にも耳を傾けてくれている人もいたりして、それはとても励みになります、ありがとう。




0



コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません





AutoPage最新お知らせ