壊れかけのテープレコーダーズ Official Web Site
http://kowarekake.com/

小森清貴 solo Album『カトレア』発売中 詳細

小森清貴 Twitter @kiyotakakomori
連絡先 kiyotakakomoriofficial@gmail.com
« パンク | Main | 祭 »

2010/3/30 | 投稿者: komori

26日グッドマン、28日モーションと立て続けにライヴがありました。来てくれた方、聴いてくれ方、どうもありがとう。

26日、共演者は皆芯のある音楽をやってる人たちだった。ジャンルとして狭義に括ればバラバラだけど、全体の統一がある。グッドマンのイベントはいつも、そういう配慮が行き届いてて、貴重な経験になる。

salsaのストレートなロックンロール、単純さを恐れぬ心意気が痛快だった。ライヴ毎に慄く撃鉄、何より天野君の身体能力の高さが異常だ。今度彼は舞台で俳優もやるとのこと。本物のパフォーマーだ。プラハの上品さと野蛮さの同居した矢野さんのヴォーカルの感じ、他にあまり類を見ないなあ。強烈。撃鉄とは4月と6月、プラハデパートともまた6月に対バンするよ。

28日は大イベント「TOKYO NEW WAVE 2010」。盛大な祭だった。出演バンドは皆演奏もステージングも磨き抜かれていて、大いに感化された。そっか、これが東京の新しい音楽なのか、と。集まった人達は皆、今まさに何か重大なことが生まれつつある現場を目撃したような、至福の笑みを浮かべ、大気は音楽で満ち溢れてた。

自分等の出番が終わると、フェス気分でマーズ・モーションを往来した。どのバンドも面白かったが、大トリのオワリカラの演奏は取り分け素晴らしく、そして今回のイベントの発案者とも言うべきタカハシヒョウリ君の志の高さには、21世紀に入ってから形骸化したしまったかに思われた「ロックスター」という言葉を復権させ、当てはめたくなる。

ちなみに、この日出演したバンドによるコンピCDも、6月に発売されるとのこと。僕等も1曲参加させて頂きました。その昔、高校1年位の時、イースタンユースによるかの名コンピ『極東最前線』を聴き、一気に自分の音楽の幅が広がった記憶がある。そんな、コンピアルバムになるのではないかなと、期待しています。

両日ともに新曲「貝殻は知ってる」を初披露しました。26日はちょっと出来にやや難有りだったけど、28日はバッチリはまって良かった。反応はすこぶる好評で、壊れかけの新たなキラーチューン登場の予感。出来ればシングル化したいぜ。

演奏は、とても熱中して出来たと思う。


夜の帰り道、ふと見上げると桜が咲いていた。
0



コメントを書く

この記事にはコメントを投稿できません





AutoPage最新お知らせ