幸せの703号室

 
今まで幸せの703号室を見て頂きありがとうございました!
幸せの703号室は引っ越しました!
引っ越し先は
幸せの703号室
です。
今後ともよろしくお願いいたします。

メンバー紹介

【暴れん坊:かつ君】04年生まれ いたずら命!FIV陽性にも負けず、多くの卒業生を育て、明るく毎日を更新していましたが、FIPを発症し、まる2ヶ月苦しい闘病の末、2007年8月10日永眠。かつくんの存在に深く感謝し、愛し続けます。かつの魂は不滅です。3年3ヶ月と5日。奇跡の様な幸せな日々を与えてくれて、かつくん本当にありがとう。


【703号室ボス:ベベ】01年生まれ すごい食いしん坊で筋肉質そして喧嘩っ早く喧嘩が弱いジャックラッセルテリアの♀


【人見知りのマイペース犬:ナナ】土手出身の2002年生まれ  控えめでおとなしい一面とドッグカフェとお台場ではしゃぐ一面をもつ とっても可愛い?♀


【天真爛漫で子猫子犬のお世話係:リリ又はリル】生まれは土手、2003年生まれ♀(ナナの姪っ子) おせっかい&仕切り屋のこの子にはうんざりしてる面々も


【アンテナ猫:ほほ】ちょこんとついてるアンテナで様々な情報を収集。水頭症に負けず1日2回の投薬をこなし一生懸命生きてます。07年生まれ♂


【太猫:あまた】またの名は、アマパンマン。図々しくて、甘えん坊で、優しい、デブ猫。まるいでしょ?推定05年生まれの♂


【訪問者:X】幸せになるために次から次へと来る犬と猫の♂と♀


【脇役:チチ・ハハ】 人間の♂と♀時々喧嘩あり


【奇跡の元土手犬:ゴンタ】血管肉腫、心臓病、その他あらゆる病気と痴呆を患いながらもワンワン歌いながら元気に毎日を生きてます。 食べ物に好き嫌いなく、なんでもおいしくいただいてくれます。 13年土手でがんばって生きてきました。
2013年3月15日永眠。 天国でもお風呂は大っキライ。
ちょくちょく夢に出てきてね。

【ニコニコ犬:コロ】 逆境に耐え、ひたすらふんばったおりこうさん。703号室で晩年を過ごし、クッシン グ病と闘いぬいて2010年4月に推定10歳で永眠。コロと過ごした日々は、我が家の家 宝です。

【孤高の男子猫:まーも】 たくさんの厳しい世界を生き抜いた末703号室を選んだ男の子。 ヤンチャな態度だが、実は甘えん坊さん。 703号室に幸せな時間を運んでくれました。 まーも、本当にありがとう!!! 白血病のキャリア、慢性腎不全と闘い抜いた末2012年8月21日永眠。

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ハハ
ハハです。

コメントを頂いた皆様へ

いつも見ていただいて本当にありがとうございます。ピースの死は、本当にショックで、今尚原因を自分の中で探してしまうほどです。外傷も嘔吐も無く本当に穏やかな顔をしているから、寝ているだけかと真剣に思うほどでした。生きている時のピースはおじにしかなつかなくて触ることも出来なかったのに、皮肉なことに亡くなってから私は2年ぶりにピースに触れることが出来ました。骨壷は、かつくんより倍以上大きくて、病魔に侵されて骨と皮になってしまったかつとは違って、ピースの体の大きさや、それまでの健康さが窺い知れました。こういうことから何かを学べるとすれば、それはもう生に対して、徹底的に尊ぶ気持ちだけです。生きているものに対して、今まで以上に敬意を払い、愛し、感謝することだけだと思います。「他」が生きているだけでそれはとても尊いと改めて骨身に染みて知りました。私もより一層、自分の犬猫や関わった周りの犬猫に対して、又人間に対しても敬意を払い、その「生」を尊ぶ生き方をしていきたいです。

お一人お一人にコメントをお返ししたいのですが、今はまだちょっと元気がないので、ありがたく全て読ませていただいていることをここに書かせてください。

キャラメル様
大巻先生の病院、行きましたか。いい病院ですよね。先生の丁寧さと優しさと、腰の低さ(笑)に感動しますよね。私も今日、ほほとハハ妹の飼い猫「福」を連れて行きましたよ。猫ちゃんが回復されることを心より祈ります。お大事に。
投稿者:メルイヌ
ハハ様、きっと心身共にお疲れだと思います。チコちゃんの死、そして後を追い急ぐかのようなPeace君の死…。自分の大切な存在が急にいなくなってしまう、考えただけでも私には想像が追い付かない恐ろしい悲しさです。『生きるって奇跡』改めて命の尊さを考えさせられました。今、このメールを作っている私の側でメルイヌはあたりまえの様に居てあたりまえの様にベットで眠ってます。でも…今日も何処かで、自分の知らない命は確実になくなり、愛太郎君の様に雨の中びしょぬれで繋がれ、フィンガーちゃんの様に大怪我で苦しんでいる命があるんですよね(T-T)ハハ様のブログは本当にリアルで時には哀し過ぎる事実で痛いくらいに現実を思い知らされる時が何度となくあります。でも、それでもハハ様は生きて、命を救う活動をされてきています。そんなハハ様だからこそ回りに人が集まり、ワンもニャンも集まる『大切な者』が集う流れができるんすねクローバーハハ様、そして幸せの703号室にいつまでも優しい流れが集まります様に、一ファンとして願っています。
チコちゃん、Peace君のご冥福をお祈り致しております。
投稿者:キャラメル
チィチィさんと同じ気持ちです。3日前7才の雄猫がいきなりものすごいひきつけを何度も起こし、さっそくあの大巻先生の所に行って来ました。ほんとに誠実で一生懸命な先生で、ははさんの言ってたとうりの方でした。次の日はぐったりしてしまい、この様子ではあぶないかもと、その時この子は自分にとってどんなに大切なかかけがえのない子って新ためて強く感じました。だから明日どんな事になっても後悔しなくて良い生活をしなくてはと心新たに決心した所です。
今、何とか小康状態を保ってます。神様ありがとう!大巻先生ありがとう!ははさんありがとう!
まだまだ油断は出来ないのですが、今回は大丈夫だと思います。でも何があっても後悔のない日々を過ごします。

投稿者:けろんぱ
とても驚きました。ショックです。叔父さまのお気持ちを思うとやりきれないです。ピース君は幸せだったと思うけれど、こんなに突然逝ってしまうなんて、どう受け止めたらよいのか・・。私もハハ様のように、人間が手を差し伸べればどうぶつの命は救えると思っていました。実際に病気で弱った子猫を保護し、みるみる良くなっていく姿を見て人間次第でこの子は助かったり助からなかったりもするのだと思いました。私は愛する子の死をまだ経験していません。ましてや突然の別れがやってきたらどうなってしまうのか自分でもわかりません。生きることって何なのでしょうね。自分だっていつ死ぬかわからないし、ただ後悔しないように毎日を大切にしなければいけなのでしょうね。
投稿者:チィチィ
皆、明日何が起こるかわかりません。
だから、悔いの無いように充実した一日一日を過ごし、悔いの無いように愛しいもの達に、惜しみない愛情を注ぎたい。。。
投稿者:ねこ
soredemo ikite irudakede shiawase.
投稿者:南国でQ
ハハ様・・・つらいときにプログUPありがとうございました。
でもどうぞ、今は無理をせず、心休まるまでゆっくりしてくださいね。

大好きな、大切な動物達がいなくなってしまうことは、本当につらいことです。

でも、ハハ様やその周りの方々に触れられて、愛をもらった命は、みんな輝いています!!幸せだったといっています!
ちゃんと、みんなにそれを伝えて命を全うしたと思います。

みんなの、ハハ様の思いはちゃんと伝わっていますよ。だって、私には“ありがとう”の言葉が写真から聞こえていますから・・・。

今は、何の言葉もつらいだけかもしれません。でも、どうぞその優しいお心が、ご自分を責めることのないようお祈りしています。
投稿者:mimu
peace君のご冥福をお祈りいたします。
突然のお別れは辛いですね。
とても受け入れ難い。
ましてや健康だった仔の突然死
peace君、眠っているようですね。
きっとおじ様もpeace君が眠っているのではないかと何回も確かめられたのでしょうね。
想像すると涙が出てきます。
うちの猫は呼吸ができなくなって、私の膝の上で心臓が止まるまで撫で続けました。
それでも信じられなかった。
何度も心臓の音を聞きました。
何と言葉をかけて良いかわかりませんが、おじ様、ハハ様ご一家の衝撃、悲しみが和らぐ日が来ることを願ってやみません。
投稿者:yukko
本当に奇跡なんでしょうね。
生きるってことは。
だから尊いんですよね。
それが人間でも、動物達でも同じことですね。

わたしは一番上の姉を亡くしているのですが(わたしの生まれる前)、母は当時『あんまりにいいこだったからはやく召されてしまった』と思ったらしいです。
そんなことじゃ気持ちはなっとくできないと思いますが、とにかく703号室の子達のためにも今は病院へ行って薬を飲んでチチさまと手を取り合っていって欲しいと思います。
大変でしたね。

http://yukkon.blog65.fc2.com/
投稿者:nico
叔父様とハハ様の受けられたショックと落胆を思うと
赤の他人の私でも心が痛んでしかたありません。
どうして今なの。
どうしてPeaceくんなのか。
ほんとうに理不尽でわからないことだらけですね。
せめてもの救いは、Peaceくんが苦しまずに亡くなられたことでしょうか…

心からご冥福をお祈りいたします。
叔父様とハハ様・チチ様の悲しみが
少しでもやわらぐ時間が訪れますよう、
祈っております。

http://shirohigekurohige.blog95.fc2.com/
1|23

うぃーっす!

いままでありがとうございました! そしてこれからもよろしくお願いします。
詳しくはハハから改めて!

メッセージBOX

過去ログ

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ