一休さんに会いに行きました  ひとり言


先日
もう何年も使っていない
古い小さな手提げを処分しようとしたら
中から赤いお守りが出てきました

クリックすると元のサイズで表示します

一休寺さんの「健康・長寿」のお守りでした

このお守りが入っていた手提げは
実は以前飼っていた
愛犬ムクの散歩に出かける時
いつも手に持っていた鞄でした


ムクが亡くなって
今年で10年になります


その鞄はもう処分することにしましたが
お守りは
やはりお寺に納めた方がいいかなと思い
機会を見つけて
一休寺に出かけようと思っていました

そしてたまさか
お稽古などがお休みだった昨日
春風に誘われて
ウォーキングがてら
歩いて行ってみることにしました

クリックすると元のサイズで表示します

私が一休寺を初めて訪れたのは
20年程前
龍村仁監督の本を読んだ時でした

龍村監督は
一休さんと不思議なつながりがあるそうです

私も監督には実際に
お目にかかったことがありますが
ご本人もおっしゃっている通り
本当に驚くほど
一休宗純によく似ていらっしゃいます

クリックすると元のサイズで表示します

一休寺は
車なら20分ほどで行くことができますので

実家の両親が元気だった頃には
紅葉の美しい季節に
一緒に来たこともあり
その時のことを懐かしく思い出しました

クリックすると元のサイズで表示します

既に桜が満開で
桜の季節に逝ったムクちゃんのことを
また懐かしく思いました


ところで
一休寺に行った昨日の朝
目覚める直前に突然
二つの水色の数字が見えました↓

クリックすると元のサイズで表示します

なんだか意味ありげでした

方丈に安置されている
一休禅師の木像に手を合わせ
お尋ねしてみました

すると
間髪を入れず
その答えが返ってきたような気がしました


そして
今朝はまた目覚める直前に
女の人の声で

「ろく」

と聞こえて
赤い数字が見えました

クリックすると元のサイズで表示します

4




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ