四十九日を終えて。。。  不思議なこと


昨日
実家の父の四十九日法要を
無事に済ませました

昨年夏からの
一喜一憂の日々や
お葬式前後の慌ただしさ等々

それらの様々な出来事を振り返ると
家族共々心穏やかに
忌明けの日を迎えることが
できたことが感謝です


それもまた
亡くなった父が見守ってくれていたことの
証であったことを思わせる
ちょっとした不思議がありました


法要当日の朝
届いた朝刊の県内版に
偶然実家の町の話題が載っていました↓
クリックすると元のサイズで表示します

「花井」という地名の由来についての記事です

実はこの記事の中に名前の出てくる
○○澄子さんは
父の姪 すまり私の従姉妹にあたる人で
この「花井」という場所は実家のすぐ近くなのです


この記事の話で盛り上がっていた私達に
母が「この本にも『花井』のことが
書いてあるよ」と
本棚から小冊子を取り出しました↓

クリックすると元のサイズで表示します

それを受け取った夫が
何気なく頁を開くと・・・

なんとそこに「大○○雄」と父の名が
あるではありませんか!↓

クリックすると元のサイズで表示します


まあ驚きました!

今日の朝刊に花井の記事が載っていなければ
この冊子を開くことはなかったし
ここに記された内容を語った頃の
在りし日の精力的な父の姿に
私達は思いを馳せることができたでしょうか


あの世にいった父は
今もまだここにいて
私達と一緒にいることを楽しんでいる・・・


そんな気がしました


クリックすると元のサイズで表示します
法要とお斎も無事に済ませて
実家を後にし大阪に向かうとき
少し回り道をして
父の生家の前を通りました

昔の東海道五十三次の宿場町の一つで
父の実家は炭などを扱う商家だったそうです


クリックすると元のサイズで表示します
高速道路を走っていると
西の空に美しい光の柱が見えました


翌日となる今日は
近くの神社に古いお札を納めにいきました

その神社の前の公園に・・・↓
クリックすると元のサイズで表示します
元気な元気な黒柴ちゃんがお散歩中!

目が合うとこちらに向かって走ってきて
元気いっぱいじゃれてくれました

亡くなった愛犬ムクにとても似ていたので
写真を撮らせてもらいました

名前をお聞きしたら
「オトです」

「そう・・オトちゃん・・可愛いね!」

ん。。。?

おとちゃん?

おと(う)ちゃん!?

?(@_@)?






4




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ