ブラックホール合体!重力波  不思議なこと


クリックすると元のサイズで表示します

先日地下鉄の中で見つけた 

「ブラックホール合体!重力波」

という広告がとても気になって

昨日は
大阪市立科学館のプラネタリウムに行ってきました


実は
20年ほど前に
この世の真理がしりたくて
色々な本を片っ端から読んでいた頃

アインシュタインが
1916年にその存在を予言したという
「重力波」という言葉を知りました

ただ
その本が出版された頃は
まだその存在を証明することができていないと
その本には書かれていました


ところが
アインシュタインの予言から
ちょうど100年後の2015年

重力波望遠鏡「LIGO」(ライゴ)により
世界で初めて重力波が直接観測されたのだそうです


そして翌年には

この重力波が
なんと30億年も前に
二つの巨大なブラックホールが衝突したことにより
発生したものだとわかったそうです


その重力波によって
空間のゆがみができたというのですが

その歪みの大きさはというと・・・


夜空に一段と明るく光っている
あの「シリウス」と地球との距離が

「髪の毛1本伸び縮みする程度」

なのだそうです~(*.*)~


なんだか
スケールが大きすぎて実感できませんが

この重力波の検出に対して
2017年にはノーベル賞が与えられたほどの
正に世紀の大発見だったらしいです


この宇宙は
「神(=創造主)が自らを知るために生まれた」
という説を
以前読んだことがあります


そうだとしたら
この壮大な宇宙の片隅の
太陽系第3惑星において

「神が自分自身を知る」
というプロセスが
一つの完成に向けて
いよいよ盛んに
進行しているような気がしてきました


そんな時代に
この地球で生きていることが
なんだかとても嬉しくて
ワクワクしてきました!


















5




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ