美を味わう幸せ  幸せ話


昨日は
犬山の如庵茶会へ出かけ
東洋の美を愉しみ

今日は
大阪市内で開かれている
プーシキン美術館展で
西洋の絵画を鑑賞した後

コンサートに出かけ
18世紀古楽器による
ピアノ五重奏の演奏を楽しみました


ある時代には

身分の高貴な貴族や
時の権力者
豊かな冨を持つ豪商のような
一部の人だけしか
味わうことのできなかった

洋の東西の美を
容易に楽しむことのできる
今の世に生きていることが

なんと幸せで
ありがたいことかと思います

感謝*(^人^)*


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


4

HAPPY BIRTHDAY!  ひとり言


クリックすると元のサイズで表示します

私を産んでくれた母にありがとう

私を育ててくれた父にありがとう

私と人生を共に歩んでくれる夫にありがとう

私に母親の喜びを与えてくれた子供たちにありがとう

私を支えてくれる人たちにありがとう

私を導いてくれる人たちにありがとう

私を成長させてくれる人たちにありがとう

そして

62年間動き続けている私の身体にありがとう!






3

真っ直ぐ上る飛行機雲  美しいもの


クリックすると元のサイズで表示します

今朝6時50分ごろ

樟葉駅のロータリーで
まっすぐ上にに伸びてゆく飛行機雲が見えました

とてもきれいでした

3

お伊勢参り  聖地


クリックすると元のサイズで表示します
連休に
名古屋の実家に行き
その後
お伊勢参りに行きました


今年は
3月にも行ったので
母に「よく行くね〜」と
言われました


実は
先日台所をリフォームした時
古いお札が
たくさんたまっていたのを
少し整理しようと思い

今回まとめて
お伊勢さんに納めに行ったのです


今日も
伊勢神宮には
大勢の老若男女が訪れていました


駐車場はどこも満車


1キロほど離れた駐車場にとめて
人でいっぱいのおはらい横丁を
歩いて行きました


車などなかった時代には
お伊勢参りは
一生に一度くらいしかできなかったかも
しれません


しかし
こんな便利な時代になってもなお
神様にお参りをする人々が
こんなにたくさんいることが
なんだか不思議でもあります



今の科学では計り知れない
特別な未知の力を
私たちは心のどこかで
知っているのかもしれません



3

キッチンとトイレのリフォーム  幸せ話


先日
自宅の玄関ドアを
和風の引き戸に替える
リフォーム工事をしましたが

今週は
三日間かけて
キッチンとトイレの
リフォームをしました

クリックすると元のサイズで表示します
清潔感のある
明るいキッチンになりました

なんだか
使って汚したくない気分です(^.^)


クリックすると元のサイズで表示します
和の雰囲気のある
落ち着いた感じのトイレです

こちらも
もったいなくて
なかなか使う気にならず
いちいち階段を上がって
2階のトイレを使っています(*_*;


実は。。。
これから自宅の裏庭に
茶室の小間を建てる計画なのです


お客様をお迎えするために
まずは
キッチンとトイレを
綺麗にしたいと思い

茶室の工事は
まだこれからなのですが
前もってリフォームをしました

夫が
とても協力的で
応援してくれていることが
ありがたいです(^人^)



夢が
また一歩
近づいてきました


4

思いがけない吉夢!?  


普段は
あまり夢を見ない(覚えていない)のですが
年に数回ほど
妙な夢を見ることがあります

今朝は
そんな夢
しかも
ちょっと怖い夢を見て
目が覚めました


とても衝撃的な夢だったので
気になって調べてみると・・・

なんと!

それは
代表的な吉夢のようなのです



どんな夢かというと・・・

”火事とお葬式の夢”

・・・・・

私は自転車に乗って家に帰ろうとしていました

すると突然
小さな広場の草むらから火が出て
あっという間に高い炎が
勢いよくあがり
私は自転車から飛び降りました


すると
その草むらで遊んでいた
二人の見知らぬ男の子に
火が燃え移り
私は大急ぎでその炎を手で押さえて消して
男の子をその場に寝かせて
近くの公衆電話に走って
「119」を押しました

電話はすぐにつながりましたが
私が火事のことをいくら説明しても
電話口の人は「大丈夫ですよ〜」と
穏やかな口調で繰り返すばかりで
一向に埒があきません

しかたがないので
もう一度
火事の現場に戻ってみると
火はすっかり消えていましたが

その広場にある小さな町工場に
大きく「忌」という字が書いてあり
私は
さっきの男の子が死んでしまったとわかり
驚いて目が覚めたのです・・・・・


目覚めてしばらくは
何ともいえない気分で
なぜ
こんな夢を見たんだろうと
とても気になりました


ところが
調べてみると

火事の夢は
吉凶に分かれるとはいうものの

私の見た”勢いよく燃える夢”は
繁栄を表す吉夢なのだそうです

また
見知らぬ子どもが死ぬ夢
お葬式の夢も

普通は不吉な夢かと思うのですが
実はいずれも
思いがけない幸運や
新たな出発や再生を表す
代表的な吉夢らしいのです


実は
今日は
自宅の玄関ドアを
新しい引き戸に
取り換える工事をする日なのです

クリックすると元のサイズで表示します

このブログを書いている正に今
古いドアが撤去され
新しい戸に付け替えられています

20年間
我が家を守ってくれたドアに
そっと
「ありがとう お疲れ様」と
声をかけて
お別れしました


クリックすると元のサイズで表示します


そして
夕方4時ごろ
新しい玄関戸の取り付け工事が
終わりました

クリックすると元のサイズで表示します

新しい玄関から
新たな美しい光と風を
招き入れたいと思います
*(^人^)*

















3



クリックすると元のサイズで表示します

長尾駅にて撮影

数名の人たちが
足をとめて
スマホを遠くに向けているので
この虹が出ていることに気づきました


見知らぬ人と

「きれいですね・・」

と言葉を交わし
ほっと心が和みました



2

うれしいお知らせ!  幸せ話


今日の午後のことです

自宅から歩いて
3分ほどのところにある
稽古場の北山茶露音に
庭木の水巻きのために出かけると・・・


聞き覚えのある
ヒヨちゃんの声が聞こえてきました


見上げると
二羽のヒヨドリが
隣の家の屋根のてっぺんで
ピーヨピーヨと
鳴いています


何となく
一ヶ月前に
自宅の庭で巣作りをしていた
ヒヨドリの夫婦のような気がして
見ていると


なんと
私の目の前の壁際に
小さな小さなヒヨドリの赤ちゃんが
じっととまっているではありませんか!

私があわてて
スマホを取り出しているうちに
パタパタと
慣れない羽ばたきをして
隣のガレージの屋根まで飛んでいきました


クリックすると元のサイズで表示します
ピイピイと
可愛い声で鳴いています



クリックすると元のサイズで表示します
大雨の後
どうしたかな・・・と
心配していましたが

きっと
あのヒヨドリの夫婦の子供が
無事に巣立ったのだと思います

よかったね


2

道の駅ちはやあかさか   幸せ話


クリックすると元のサイズで表示します

先日
NHKのニュースで紹介されていた
『道の駅ちはやあかさか』に
行ってきました

今年
一旦閉鎖されていたものを
地元の方々の協力で
リニューアルオープンされたそうです


「日本一かわいい」という
キャッチフレーズのとおり
とても
こじんまりして
アットホームな感じの道の駅でした


クリックすると元のサイズで表示します

2階のプチカフェで
田園風景を眺めながら
カレーを食べました


ご飯は
「金剛山」をイメージして
カレーに乗ったゴーヤが
棚田を表しているのだそうです


3

残念な3つのこと  ひとり言

今週は残念なことが
3つ続いて起こりました

【その1】

ピアノの発表会を録画したSDカードのファイルが
すっかり消えてしまったこと


【その2】

先日買ったばかりの夫の傘を
講演会の会場で
隣の席にすわった誰かが
間違えて持って帰ってしまったこと


【その3】

庭で子育てをしていたヒヨドリが
いなくなってしまったこと




どれも皆
ちょっと残念なことではありますが

冷静に考えれば
どれもこれも
たいしたことではないような気もします


陰陽のバランスを考えれば

これも
神様からの
『恩寵』かもしれないと
思い直しているところです



3

帰ってきたヒヨちゃん 2  幸せ話


クリックすると元のサイズで表示します

毎朝
カーテンを開けたら
「おはよー!」

外出先から帰ってきたら
「ただいまー!」と

ヒヨちゃんに挨拶するのが
日課になってきました

3

夏越しの祓  幸せ話


クリックすると元のサイズで表示します

2018年も
半分が過ぎました

前半を
無事に過ごせたことが
まずは感謝です

後半も
健やかに過ごせますように・・・!

クリックすると元のサイズで表示します

水無月の
夏越しの祓する人は
千歳の命
延ぶといふなり


これからの半年を過ごすにあたり
どのような心構えで
日々を生きるべきか
メッセージをいただくために
御神籤をひきました


「吉」

歩きつつ
来つつ見れども
潔き人の心を
吾忘れめや

前進の時
誠意をもって勇敢に努力し
平常心を保って
正直を守れば
速やかに幸運に向かう


こんな
有難いメッセージをいただきました

頑張りますので
神様
応援よろしくお願いいたします




2

帰ってきたヒヨちゃん 1  幸せ話


3年前の夏
庭にヒヨドリの夫婦が巣をつくりました

無事に4羽のヒナが巣立っていったことを
このブログに書きました


その後
巣はそのままになっていたのですが・・・

今日
庭でヒヨドリの鳴く声が聞こえ
ふと見ると・・・

クリックすると元のサイズで表示します

何と
巣の中に誰か入っています!

いなくなった時に
そっと中をのぞきこんでみたら
卵らしきものが・・・

クリックすると元のサイズで表示します


ヒヨちゃんが
古巣に
帰ってきてくれたようです

3

姪っ子の結婚式  幸せ話


クリックすると元のサイズで表示します
5月4日 新幹線の車窓より

富士山は
いつ見ても本当に美しくて
思わず手を合わせてしまいます(^人^)

この度は
横浜に住む姪っ子の結婚式に
参列して参りました


式は人前式で執り行われ
これまでお世話になった
両親や友人・知人への
感謝の心にあふれた
自由で素敵な披露パーティでした


結婚式の形態は
昔とは変わっていっても
人生の大きな節目としての意味は
変わることなく

若いお二人を
まぶしい思いで見つめながら
末長い幸せを
心より祈りました


また
この結婚式に
まもなく卒寿を迎える
夫の両親と共に参列できたことも
大変幸せなことでした

結婚式という
非日常の華やかなセレモニーを通して

ありふれた何気ない日常が
ずっと続くことの幸せに
あらためて感謝することができました








4

九度山と天川村  聖地


4月22・23日の二日
和歌山県九度山と奈良県天川村に
行ってきました

旅の目的は

日常から少し離れて
リラックスし

聖地・霊場のパワーをいただいて
リフレッシュすること

自然の流れにまかせて
非日常の時間を過ごすことができました


クリックすると元のサイズで表示します
女人高野の寺「慈尊院」

御本尊は弥勒菩薩


クリックすると元のサイズで表示します
大石順教尼記念館(旧萱野家)


クリックすると元のサイズで表示します

大石順教さんは
私の人生にとって
不思議なご縁を感ずるお方です


高野山で出家され
萱野家とご親交があったということで
ここに記念館が
開設されたのだそうです


順教さんにお会いしたことは
一度もありませんが
この旅で思いがけず
ビデオを通して
順教さんにお会いし
その肉声を聞くことができました



クリックすると元のサイズで表示します
洞川温泉にある龍泉寺

大峯山で修行していた役小角が
八大龍王尊をお祠りして
ここで水行をしたと言われています


クリックすると元のサイズで表示します
龍の口

クリックすると元のサイズで表示します
水行をする滝

クリックすると元のサイズで表示します
朝の大峯山

飛行機雲が
まるで
龍みたいです


クリックすると元のサイズで表示します
モノレールで山を上ります

クリックすると元のサイズで表示します
原生林の中の苔が美しいです

クリックすると元のサイズで表示します
五代松(ごよまつ)鍾乳洞の入り口

クリックすると元のサイズで表示します
ヘルメットをかぶっていたので
痛くはありませんでしたが
何度も天井に頭をぶつけました

クリックすると元のサイズで表示します
役小角の時代より
修験者が修行をしてきた洞窟


クリックすると元のサイズで表示します
天河大辨財天社(天河神社)

私が
不思議な偶然に導かれて
初めて
天川村のを訪れたのは
今からちょうど20年前の
1998年10月のことでした

その時以来
天河神社は
私にとって
魂をリセットして
次のステージに上がるエネルギーを
与えていただく場所になっています

クリックすると元のサイズで表示します
今日は
鹿の革で太鼓をつくるという
ワークショップに参加した人達が
集まっていて

護摩焚きの神事が行われていました



3




AutoPage最新お知らせ