熱田神宮  聖地


今日は名古屋の実家に出かけたその帰りに
熱田神宮に参りました

クリックすると元のサイズで表示します

私と夫は共に愛知県出身で
熱田の神様の御前で契りを交わして
今年は40年の節目の年となります

今日は
これまでの神恩感謝と
これから先のご加護を祈願するために参拝いたしました


クリックすると元のサイズで表示します

鳥居をくぐって
境内を歩いていると

突然
左手の人差し指の指先に
ピリピリッと小さな電気が走るような感じがしました


それがだんだんと強くなってきて
痛くはないのですが
どちらかというと心地よい不思議な感覚でした



クリックすると元のサイズで表示します

子供の頃は
七五三参りや毎年の初詣には
いつも熱田さんにお参りしていましたが

結婚して以降は
一度も来ていなかったような気がします



クリックすると元のサイズで表示します

本宮でお参りした後
祈祷殿にて御祈祷をしていただきました
(-人-)



1

届いたメッセージ  愛のメッセージ


クリックすると元のサイズで表示します

おはようございます

昨日は第24回クレモナ・コンサートを終え
一夜明けてほっとした気持ちで
新しい朝を迎えています


そして
今朝パソコンを開いて届いたある動画が
今の私の心に全くタイムリーに
響きましたので
このブログに来ていただいた皆様に
シェアさせていただきたいと思います

皆様の心にも響きますように💖






5

「許す」は最強の「浄化」の言葉  愛のメッセージ


クリックすると元のサイズで表示します

今朝7時頃
自宅の2階から見た東の空です

毎朝
お日様の素晴らしい光に感動しています


なんだか今年の夏の始め頃から
お日様のエネルギーがパワーアップして
秋に入り
ますます精妙になってきたかのように感じるのは
私だけでしょうか・・・


さて
もうすぐ秋分の日ですね

宇宙の営みは
本当に美しく調和して完璧です


今日は最近
私の回りで起きているいくつかの出来事の中に
何となく共通したメッセージを感じたので
そのことを書いてみたいと思います


それは今私達に
様々な方法で

「自身の知らないうちにたまった心の塵の
完璧な浄化が促されている」

ということです

何か心がもやもやしている時こそ
浄化のチャンスが与えられた!ラッキー!と
思ったらいいのではないでしょうか


自分の人生を通り過ぎていく
様々な人達の中で
ほとんどその人の存在すら
今は忘れていたような人であっても

実は
その人に対して抱いたネガティブな感情に
蓋をして見ないようにしていただけで

それが
気づかないうちに
心の奥底に塵となって沈んで
どんよりたまっていたりします


その時のことを
思い出すような出来事が偶然起きて

あらためてまだ自分の心が
ちゃんと癒えていなかったことに
気づかされます


つまり
そこに塵があったことに
気づくことができたわけです


でも気づいたからこそ
今それを捨てることができるのです


さてどうやって捨てるか


捨て方は色々な方法があるかもしれませんが
私はこのようにして手放すようにしています

まず
起こったことを
何の感情も交えず思い返して

その時の自分と相手を
遠くからしずかに見つめます


そして
自分を傷つけたかもしれない相手と
怒りや恐れや悲しみを感じたその時の自分
その二人に向かって
ただ一言


「許す」





口に出して言わなくても
思うだけでもいいのです



不思議なことに心がふわっと軽くなります

時には相手の笑顔が浮かんできたりします



1回では無理だったら
何回か試してみてもいいかと思います


そして
少しでも心が軽くなったら


最後に

「あなたのおかげで許すことを学びました!
ありがとう!」などと

言ってみるのもいいですね



「許す」という言葉は

私達が考える以上にパワフルな
心を浄化する最強のツールだと思います


心の中に何かもやもやしたゴミが見つかったら
是非ためしてみて下さい




7

水間観音  聖地


大阪府貝塚市にある温泉にいってきました

その近くに
「水間観音」の通称で知られる
「龍谷山 水間寺」という名刹があります

クリックすると元のサイズで表示します

そのご本尊である「聖観世音菩薩」が
出現されたと伝えられる
「降臨の瀧」という場所に行って参りました

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

聖武天皇が四十二才の時
ご病気がなかなかご平癒になられなかったその時
「この奈良の都より西南の方角にあたって
観世音菩薩がご出現なされる
という夢のお告げがあり
行基菩薩がこの仏像を探すことを命ぜられました

行基菩薩が奈良の地を発たれ
西南方の地を歩かれ
到達したのがこの水間の地でありました


当時この地は
霊峰葛城の峯よりこんこんと流れる水の間に巨岩があり
原始林に囲まれた神域でした


このとき突然「十六人の童子」が出現し
誘うともなく行基菩薩を谷間に導きました


そこには
この谷間の美しい水の流れる巨岩の上に
白髪の老人がおり
手に一体の仏様を捧げ
「汝を待つこと久し」と言って
その尊像を行基菩薩に手渡し

自分は龍となって昇天したと
由来記に記されているそうです


その仏様は
一寸八分(約6cm)の聖観世音菩薩で
天皇に捧げたところ病は全快され

勅命により現地に水間寺が建立され
今日までご本尊として祀られているとのことです



《参考:水間寺の由来


こういった霊験あらたかなお話は
神仏にまつわる場所では
あらゆる所に存在しています


とは言え
どこまで真実として信じたらよいのか
本当のところは誰にもわからないのです


でも
何となく信じたくもなります

そして
自分もそのお力にすがりたいと
誰しも思うのではないでしょうか


現代の科学的では証明できないにしても

神様や仏様
そしてご先祖様

そういった目に見えない存在が
あるからこそ

実際には不思議な出来事が
小さなことから大きな事まで
色々起こっているのだと
私は考えています


そして
こういった不思議な言い伝えや神話などを
もう少し現実的にまた統一論的に受け入れたいと
長い間ずっと思い続けてきました


そのようなことを
漠然と願ってきた私ですが

最近ではこのようなことを
動画やブログで発信している人々の情報を得て
自分の中で一つの信念が強くなっています


それは
私達の物質的次元では視覚的に
とらえることはできない
《魂》レベルとしての存在が
宇宙には数限りなく存在していて

太古の昔から地球を見守り

また現在地球人として生きている私達を
サポートしてくれているというという考えです



もちろん
こういった類いの話は
立証することはできないでしょうし
自分以外の誰かに押しつけるものでもありません


でもだからこそ
一人一人どう考えたとしても
本来は自由なのだと思います


こんなことを
あらためて考えさせてくれて

ブログに書いてみる気持ちにさせてくれた
今回の観音様との出会いに
感謝しています




7

宝船!?  幸せ話


クリックすると元のサイズで表示します

今日車で
大阪府池田へ出かけた帰り
高速道路を走っていて・・・


クリックすると元のサイズで表示します

龍の宝船?!?


クリックすると元のサイズで表示します

感謝感謝

6

高槻の大塚神社で。。。  ひとり言


今朝
淀川を越えて高槻駅まで
夫を車で送っていきました


樟葉駅や長尾駅までは
たまに送って行くことはあるのですが
高槻駅までは初めてでした


その帰り
せっかくなのでどこか神社にお参りしようと
検索してみて
大塚神社という所へ行ってみました

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
境内には
役行者とお稲荷さんも
祀られていました


クリックすると元のサイズで表示します
そして
ご祭神はというと・・・

高皇産霊神(たかみむすびのかみ)、
神皇産霊神(かみむすびのかみ)


この二柱の神様は

天地開闢の際に現われた
天之御中主神(あめのみなかぬし)と共に

造化の三神と言われる神様です


二礼二拍手でお参りを済ませ
車に戻ろうとした時

ふと見ると
つい先ほど私がお参りをしたその場所で
一人の老婦人が
手を合わせ頭を垂れて
静かに祈っていらしゃいました

年老いたその姿に
何か心うたれる気持ちになった
その時です

思いがけないものが目にとびこんできました


クリックすると元のサイズで表示します

私の旧姓は大村でした


そして名前は智子です


一瞬驚いてそこに立ち止まりました



実は
名古屋の実家の父が昨日入院をしました


先日検査で癌を患っていることがわかり
90歳という年齢と今の体調を考えると
今後の過ごし方や治療等について
明日決めましょうということになっていた矢先

帯状疱疹から髄膜炎を発症し
老人ホームから直接緊急入院したそうです


現在は面会できないとのこと


今朝妹から電話で事情を聞き
母とも電話で話をしました


そんな折りに
偶然自分の旧姓名に出会ったことに
何か意味があるとしたら・・・



運転しながら考えていました

なんだか
父に名前を呼ばれたような気がしました



浮かんできたのはただ一言



「お父さん ありがとう

私はお父さんの娘で本当に幸せでした...」



今はもし
父に最後の日が迫っているのだとしたら
その時まで苦しむことなく
穏やかな気持ちで過ごしていて欲しいと願うのみです






5

月の光  ひとり言


クリックすると元のサイズで表示します

昨夜の満月
豊潤な光が優しく美しかったですね


カーテンを大きく開けて
お月様の光が
身体の細胞一つ一つを癒やし
蘇らせてくれますように
祈りながら眠りました



5

オニヤンマ  愛のメッセージ


どうやらようやく近畿地方にも
梅雨明け宣言が出されたようで
今日は朝から夏空が広がっています


休日の今朝
いつもよりゆっくりと起床し
リビングにおりていったら
庭の椿の枝の上に
トンボが止まっていました

クリックすると元のサイズで表示します

しばらくぼんやりと眺めていたら
一旦枝から離れ
また飛んできたかと思うと
今度は一向に飛んで行く様子がないので

カメラを持ってきておさめました


クリックすると元のサイズで表示します



これはもしかしたら
オニヤンマかな?


検索してみたら
やはりそうでした


トンボは昔から「勝ち虫」などと言われて
縁起がよいとされています


オニヤンマのスピリチュアル的な意味を
調べてみると。。。



最強トンボのオニヤンマを見たときには、
物事に対して強気で行動していっていい
というメッセージと受け取ることもできる。

”スピリチュアルって何なの?何ができるの?”より)




2020年上半期
気力で駆け抜けてきたけれど
今ここへきて
ちょっと気弱になりかけそうだった今朝の私に

喝をいれてくれるような
メッセージでした



いつもいつも
片時も離れず見守ってくれる存在がいて
昆虫や鳥の姿で応援してくれているような気がします



5

二つの太陽  


明け方
久しぶりに不思議な夢を見ました

クリックすると元のサイズで表示します



子供の頃の妹が赤い原付に乗って
左の山の方へ帰っていきました


左の山の上では
バスケットボールの試合が行われていることを
私は知っていましたが
自分はもうそこへは行かないだろうと
思っていました


ゲームの終わった選手達が
次々に下山してくるようでした


山へいく途中には
道に雪が残っていて
氷の浮いた川が流れていましたが
妹の原付がそこを勢いよく走りぬけていくのを
私は立ち止まり見送っていました



ふと見ると
右側の遠くの山から
朝日が昇ってきました

不思議なことに
太陽は二つ昇ってきました



その瞬間
場面が変わって。。。


クリックすると元のサイズで表示します

地球かな?

と思った瞬間

それはすーっと小さくなって
あっという間に消えてしまいました


そこで目が覚めました

起きてからも
なんだか気になったので
ブログに書いてみました

5

十二国記  ひとり言



今夜は満月です

前回の満月の頃から
ほぼひと月の間
私はある小説をずっと読んでいました


それは
通称「十二国記」と呼ばれている
小説のシリーズです

新潮文庫から15冊に分かれて
出版されています

1ヶ月をかけて
昨晩15冊を全て読み終えました


その小説の内容については
検索をすればわかりますから
興味のある方は調べてみてください


私が今日ブログに書きたいのは
その内容の紹介ではなく
私がこの本を読むことになった
不思議ないきさつです

クリックすると元のサイズで表示します

ちょうど一月前の満月の晩
夫が奇妙な夢をみました


以前夫が勤めていた会社で
長年にわたってご指導いただき
親しみを持って信頼をよせていた
上司M氏が夢に出てきて


「今度”ナカジマヨウコ”を講師に呼んで
講演会をしてくれ」と
命じられたのだそうです


夫は夢の中でも
そのナカジマヨウコ氏に心当たりがなく

M氏から「大丈夫か!?」と
念を押されたんだそうです


朝になり
目が覚めてからもなぜかその名前が気になり
検索をしてみたところ


小説「十二国記」に登場する主人公
”中島陽子”に行き着いたということです


まあそんな不思議な「夢のお告げ」のようにして
唐突にその存在を知った「十二国記」ですが
夢に出てきたM氏の言葉を受けて
二人で読んでみようということになりました


夫も私も長編小説を読むなんて
何年ぶりのことでしょう・・・


しかし
読み始めてすぐに
この本は「読むべくして出会った!?」と
私は直感しました


そして
15冊全て読み終えた今も
その思いが消えることはなく
ますますその確信は強まっています



それは「直感」であり
極めて内的な「確信」なので
言葉でうまく説明できないのですが・・・


敢えて言うならば


心の奥の奥

潜在意識の奥にある

自分でも気づかない

目に見えない・・・

そんな微細な穢れを一掃する

いわば心の大掃除をさせてもらったような気がするのです



掃除をするためには
そこに「ゴミ」があることを
まず認識しなければなりません




「見たくない」と
目を背けているままでは

ゴミはいつまでもそこにとどまり続けます




そして
気づかぬうちにその穢れは
膿となって心の奥底に沈みこんでゆくのでしょう





この小説と出会い
小説の世界をくぐり抜けることによって

魂の中に
膨大な時間をかけて少しずつたまっていた穢れの
最終的な膿出し作業ができたのだとしたら・・・


今まさに
地球上の様々な場所で
それぞれに合った方法で
魂の浄化作業が粛々と進行しているという
この時期に
この小説に出会ったその不思議に


心より感謝したいと思います






8

夏越しの祓え  愛のメッセージ


クリックすると元のサイズで表示します


"水無月の夏越の祓する人は
千歳の命延ぶといふなり”

心身ともに清浄にしていただき
今年も無事に夏を越して
一年の後半を元気に過ごすことができますよう・・・



クリックすると元のサイズで表示します

さて今
世界が大きく変わりつつあることを
実感している人は
きっとたくさんいらっしゃることでしょう


いったいこれから
世界はどのように変わっていくのでしょう


何だかこの先どうなっていくのか
気になりますよね



この特別な今という時期
一番してはいけないことは何だと思われますか?



それは「ネガティブな思いになること」なのだそうです



恐れを抱くような考え方をしたり
他人や自分自身を攻撃したりといった
「ネガティブな思い」・・・

人は知らず知らずの内に
そんなネガティブな思いに引きずられてしまうものです

自分がそうなっていないかは
自身の感情をチェックすれば
すぐにわかります



そして大切なことは
明るく楽しい心で
自分にとっての理想の世界をイメージすること
なのだそうです


ネガティブな思いとポジティブな思い


この二つの「思い」が
未来の世界の明暗を分けていくらしいです



私にとって理想の世界をずっと考えていて
一つの答えが見つかりました


それは。。。


建前が崩れて
誰もが真心をもって
本音で自由に生きる世界




あなたにとって
理想の世界はどんな世界ですか・・・?





8

月の朔望  ひとり言


夕べ寝るときお月様の光が美しくて
カーテンを開けて
月の光を浴びながら眠りました


今朝になって歳時記カレンダーを見てみました

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
明日6月6日が旧暦4月15日で満月になるようです

そして今日は
二十四節気の「芒種」

芒(ノギ)のある穀物の植え付けの季節の到来です

さて育った苗は
それぞれどの場所に植え付けられるのでしょうか・・・?!?


ついでにこの先
中秋の名月までのお月様の満ち欠けを見てみましょう
 

クリックすると元のサイズで表示します
新暦6月21日 旧暦5月15日 朔(新月)

ちょうど「夏至」になっています



この日の夕方17時頃日本では”部分日食”が見られます

東日本や北日本では
太陽が欠けたまま日の入りとなる
「日入帯食(にちにゅうたいしょく)」
となるそうです

またアフリカからアジアの一部インド北部や台湾などでは
金環日食が起こるそうです

日本の広い範囲で見られる日食は
今後は10年後の2030年まで起こらないそうです


今から10年後
世界はどのよう変わっているでしょうか・・・?!?


クリックすると元のサイズで表示します
新暦7月5日  旧暦5月15日  満月

七夕祭りの頃ですね

クリックすると元のサイズで表示します
新暦7月21日  旧暦6月1日  朔(新月)

この日はちょうど「土用の丑」


クリックすると元のサイズで表示します
新暦8月4日  旧暦6月15日  満月

この三日後には早くも立秋です



クリックすると元のサイズで表示します
新暦8月19日  旧暦7月1日  朔(新月)

旧暦ではこの日の前日が
大祓(夏越しの祓)の日だったようですね



クリックすると元のサイズで表示します
新暦9月2日  旧暦7月15日  満月

七十二候では「禾乃登」(かすなわちみのる)

穀物が実り始める頃



クリックすると元のサイズで表示します
新暦9月17日  旧暦8月1日 朔(新月)

七十二候では「玄鳥去」(げんちょうさる)

つばめが南方に去っていく頃


クリックすると元のサイズで表示します
新暦10月1日  旧暦8月15日  十五夜 「中秋の名月」

新暦10月2日  旧暦8月16日  満月 十六夜

この日は二十四節気では「水始涸」(みずはじめてかる)

天地の水気が涸れ始める頃


今年の美しい中秋の名月が
今からとても楽しみです





7

仲良し鳩さん  愛のメッセージ


クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

仲睦まじい鳩さんです

5

蓮の華  愛のメッセージ


クリックすると元のサイズで表示します

今朝
水鉢に蓮の華が咲いているのを見つけました



それを機縁とした
今日の気づきを書き留めておこうと思います



先日ある人と釈迦の教えについて話をする機会があり
釈迦の存在について考えることができました


そしてまた
比叡山を訪れた時にも
あらためて仏教についてその全体像を確認する機会を得ました



そのような中で
漠然と感じていたことが

今朝の蓮の華を見た時
私の中でパタパタッっとつながりました



それを敢えて言葉で表現するとすれば


2500年ほど前
釈迦の存在によってこの地球にもたらされ
その後脈々と受け継がれてきた
「教え」が華を咲かせる時


それが今!


ということです



今この時に
地球に生まれていることの意味を
ようやく
はっきりと自覚することができました




"地球が2万6000年に一度の「アセンション」を迎えた"

"地球が三次元から「五次元」」へ移行する”


こんなキーワードで検索すると

実に面白い情報があふれています



全てを鵜呑みにする必要はありませんが

逆にその全てをデタラメと決めつけて
否定することもないと思います


そういったことはあくまでも
一人一人の自由意志に任されなければならないのですが・・・


ご自分の心に響くメッセージがあったなら
もう迷うのはやめて
しっかりと受け取って下さい



今年

「ホケキョウ」=「法華経」

の声をいたるところで耳にするというのも

そのことを私に確信させてくれています



そして

実際に私の「現実」は

明らかに変化しています



うれしくてうれしくて。。。。



毎日そんな感じです

 

このブログに光を感じていただけたなら

そしてご自分の中に光が見えたなら


どうぞご一緒に新しい世界へと参りましょう!


!(^人^)!




4

蜘蛛のメッセージ  愛のメッセージ


一つ前の記事「養老薬師」を書いた後

家の周りの植木の水やりをしていたら
勝手口のところに
大きな蜘蛛がじっとしているのを見つけました

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


写真を撮って
ネットで調べてみたら

これは「アシダカグモ」という名前の
家の害虫を食べてくれる蜘蛛で

「家の守り神」とも言われると書いてありました


毒蜘蛛ではないようで
まずは一安心



しかし
これまで家では見たことのない大きさなので
何か特別な意味でもあるのかなあと思って
蜘蛛のスピリチュアル的な意味も
調べてみました


色々なサイトがありましたが

総じて”幸運”を表わすメッセージが書かれていてほっとしました


ヨーロッパでは 蜘蛛は幸運のシンボル≠ニとらえられ

仏教では天と地を結ぶ∞天から幸運が降りてくる¥ロ徴
という意味で考えられているそうです


また

幸運はすぐそこまで来ているから
「準備をして待つように」

といったメッセージも書かれていました


そう言えば今日

「養老薬師」の前で引いたお神籤では


「初めはあぶない谷の小川の橋を渡るような心配事があるが
驚き迷うことはありません

後には何も彼も平和に収ります

凡て小さい事も用心してすればよろしい」

というメッセージをいただきました


暫く一時停止していた世界が
そろそろ次のステージに向けて
動き始める時がやってきました


いただいたッセージを胸に
心して新しい世界に足を踏み入れたいと思います



4




AutoPage最新お知らせ