ハブベアリング

  | 投稿者: ラブスモ カバ

自転車やオートバイのホイール軸を支えるハブベアリングです
クリックすると元のサイズで表示します
ドロ、砂、水が侵入できる構造ですから、おおよそココはこんな感じ

13mmのベアリング受けと15mmのナット共締めするようになっていて
ベアリングにかかるトルクを保っています、薄い13mmレンチがあれば
簡単に外せます。

ヨゴレや古いグリスを掃除すると恥ずかしいホドピカピカになります
クリックすると元のサイズで表示します
中華製はココのベアリングボールがイビツだったり粉砕してたりします

左右とも新しいグリスをタップリつけて、ソコにボールを埋め込みます
クリックすると元のサイズで表示します
シャフトを通して共締めするトキは、ガタつかずゴリゴリいわないように
締付けトルクを調整してキメましょう。

コレだけで驚くほどタイヤが軽く回転するようになりますよ♪

特殊工具は13mmの薄いレンチが必要になります、
ベアリングボールは落としたら簡単には見つからないので慎重に作業してください。

摩擦抵抗を減らすと、ノリモノはとても元気で快適になりますよ♪





※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ