2008/10/7

そして、フィナーレ!  Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band




さあて、と……

ついにここまで来ました。
今日と次回、あと2曲を残すのみ

それでは、今日のリリックを。
いよいよ近づいたフィナーレにふさわしい、ポールの曲です。
2002年の日本公演でもラスト近くに演ってくれましたね

「サージェント・ペパー・
ロンリー・ハーツ・クラブ・バンドでした!
ショーをお楽しみいただけましたか?
とっても名残り惜しいけど
お別れしなくちゃなりません……

もう一度 心からのありがとうを!
サージェント・ペパー・
ロンリー・ハーツ・クラブ・バンドでした!
そろそろ終わりの時間が来たようです……」


We're Sgt. Pepper's Lonely Heart's Club Band
We hope you have enjoyed the show
Sgt. Pepper's Lonely Heart's Club Band
We're sorry but it's time to go....

We'd like to thank you once again
Sgt. Pepper's one and only Lonely Heart's Club Band
It's getting very near the end....

("Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band(reprise)"より)

「reprise」は「繰り返し」という意味です。
ここでは、バンドの再登場みたいな感じですね。
「BS熱中夜話」のイントロ当てクイズで
NHKアナウンサーの「ぽお」さんが張りきって答えたのも懐かしい

思えば今年の1月2日、
新年最初のブログで取り上げたのが
この曲(リプライズじゃないほう)でした。
覚えていてくれた人、いるかな?
その時のテーマ「想いつづければ、いつかは叶う」
今も、そしていつも、私の座右の銘です


。゜☆。:。+゜゜+☆。:゜。


ビートルズ213の公式発表曲を
一つずつ取り上げることによって
忘れ難い彼らの歩みを辿りつつ、
私のつれづれなる思いを
親愛なる皆さんへお届けする旅……

その旅も、ゴールが見えてきました。

ブログを書くにあたり、いろんな資料を読み返していて
思わず笑っちゃったのが、ポールの次のせりふ

「ビートルズは何度も解散の危機を迎えたけど
 本当に解散するとは思わなかったよ」

こらこら〜〜!!!


あんたでしょーが、脱退するとマスコミに公言したのは!

さすがはB型ちゃんのポールであります

でも、メンバーの心がビートルズから離れていった時に
一番気を砕いていたのは、たぶんポールその人。
きっとポールは4人の中で
誰よりもビートルズのファンだったのであろう。

テロの噂など、いろいろ不穏な情報が飛び交う中で
イスラエル公演を敢行し、無事帰ってきたポール。
手ひどい裏切りを受けてもやっぱり女好きの血は治まらず
相変わらず恋模様も華やかなポール。
彼の姿は、いつになっても私たちがよく知っている
「ちょっと天然」で「ときどきKY」なオプティミスト
そのことに心から安堵してしまう私なのです

願わくば、生きているあいだにもう一度
日本に来てくれることを、切に期待してやみません。

「生きているあいだに」
    
言うまでもないと思いますが、主語はポールだよ。
私は骨太ババアになって100歳まで生きますので


。゜☆。:。+゜゜+☆。:゜。


では、「戦争嫌いなペパー軍団バンド」のメンバーが
勢ぞろいしたサイケデリコなジャケットをどうぞ!
フクスケ人形も鎮座しております。
さあ、あなたはこの面々、何人わかるかな?


クリックすると元のサイズで表示します


213曲まで、泣いても笑ってもあと1曲……





※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ