山水 治夫 公式ブログ  ” ハレ”

    ハレラマ、瀬織津姫でお馴染みヤンズこと山水 治夫のブログ

 

お知らせ

瀬織津姫出版 設立  http://www.seoritsuhime.com 2月20日(木)市ヶ谷駅最寄り(千代田区九段北に)瀬織津姫Caféオープン。

カレンダー

2020年
← March →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

QRコード

RSS取り込み1

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ヤマガタ
私もヤンズさんに同感です。
どこがそう言われるのかを分かってほしいですね。
でないとまた出てきてもらっても社会のマイナスに
つながります。
反省すれば才能のある人でしょうからできると思います。
投稿者:ヤンズ
白兎の小使いさんへ。
こちらこそありがとうございます。
湯川さんも本当ににスピリチュアルな方ですよ♪

>私利私欲に走るポップアーティスト
業界がびっくりでしたね。しかし、彼をよく知る人に先日会って聞きましたが、謝金が結構あったことは噂されてたようです。しかし生活を下げないままなので、ああなるのは必然だったとも、、、内側のドロドロも聞きました。僕もマンションのローンという謝金がありますがね。笑 

冗談はともかく、本当に、一部を社会の為につかっていればあのようにはならなかったかもしれませんね。でも確か、阪神大震災の時に、いくらか寄付した記憶がありますが、、、あの時は来日したビリージョエルもしましたね。再起があればよいですね。

彼のことで一つびっくりしたことは、今回の逮捕で、彼自身の口から、「僕は日本の音楽をだめにしたやつと言われているそうですね」っていう言葉が出たことでした。
な〜んだ知っていたのか!と僕はマジで驚きました。というのは、、、僕も真剣にそう思っていますので、昔、ある人(30代)の人に(女性だったと思う)、そのような事を話したら、その人は彼のファンだったようで、「そんなことない!好きです!」ってキレられたことがあり、(笑)それ以降、立場もあるし、一度も口にしていなかったのです。が、彼自身にそういった言葉が届いていたとは、、、
なので、本当に驚きました。彼がどこまで、なぜ、そう言われるか、言われたのか解っているのかが重要と思いますが、再起する機会があれば、その辺をようく考えて、やってほしいです。なぜ、そう言われたか、『どこがそうなのか』を。


http://harerama.hahaue.com
投稿者:白兎の小使い
ヤンズさん、リンクありがとうございます。こちらもヤンズさんのああHP紹介、リンクコーナーに貼らせていただきました。
 ところで湯川さんは、10年位前に非常にスピリチュアルな御本を出版されたことを覚えております。やはり、芸術に造詣が深い方は、共通したものがあるといえるでしょう。
 しかし先日、私利私欲に走るポップアーティストが大変なことをしました。利益の一部を社会のために、神々のために使っていれば、あのような間違った方向へは行かなかったのではないかと思いますが。
 それでも再起の機会が与えられれば、とも思います。

http://blogs.dion.ne.jp/yakamihakuto/
投稿者:ヤンズ
白兎の小使いさんへ。
ご苦労様でした。実は、白兎の小使いさんのブログを見ていて、僕も行きたいな〜って思っていたんですよ。
さっそく、講演内容をプリントして拝見させてただきました。これだけ長いものですとやはり読まないと大変ですよね。素晴らしいですね。瀬織津姫のことも初めて発表されたとのこと。ありがとうございました。(笑)
何度も読ませていただきたいと思っております。感謝します。
あと、HPのリンクコーナーに白兎の小使いさんのブログをのせさせていただきたいと思います。

http://harerama.hahaue.com
投稿者:白兎の小使い
 少しご無沙汰してました。白兎の小使いです。先日23日、私のふるさと八上にて講演シンポジウムがあり、そこで、八上の神々について発表させていただきました。その中で瀬織津姫のこともばっちり紹介しました。この講演で初めて瀬織津姫のことを知る方も少なくないと思われます。晴れ晴れしい気持ちになりました。講演の全文はブログに紹介しております。またご確認ください。

http://blogs.dion.ne.jp/yakamihakuto/
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ