山水 治夫 公式ブログ  ” ハレ”

    ハレラマ、瀬織津姫でお馴染みヤンズこと山水 治夫のブログ

 

お知らせ

瀬織津姫出版 設立  http://www.seoritsuhime.com

カレンダー

2019年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

QRコード

RSS取り込み1

過去ログ

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事へのコメント一覧
※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ヤンズ
スナプキンさんへ。
ありがとうございます。
なんだかほんとにうれしいす。
感謝します。

http://harerama.hahaue.com
投稿者:スナプキン
ヤンズさんへ。瀬織津姫物語は意味がとても深いと思います。大本教、日月神示、アリオンメッセ−ジ、そして瀬織津姫物語。一連の流れとして繋がっているようですね〜。大本は国常立尊とスサノウ尊を世に示し、日月は一人の王で世界を治めると言っている。アリオンはニギハヤヒを示し。ヤンズさんは瀬織津姫を示した。アリオンメッセージは1996年の子の年に発刊され、瀬織津姫物語は2008年子の年に発刊された事にも意味があると思います。「ニギハヤヒと瀬織津姫」興味津々。

http://www.freepe.com/i.cgi?maya3598
投稿者:ヤンズ
スナプキンさんへ。

お互い上手くサイトを構築できるように勉強しませう♪
ありがとうございます。感謝です。

http://harerama.hahaue.com
投稿者:スナプキン
コメントありがとう御座います。リンクのアドレス間違っていました。申し訳御座いません。私のHPは、たいした事はありません。まだブログの書き方がよく解っていないので。

http://www.freepe.com/i.cgi?maya3598
投稿者:ヤンズ
スナプキンさんへ。

ようこそ。はじめまして。

>アーリオーンメッセ−ジを読んでニギハヤヒ再臨ついて調べていまし
た。

そうですか。アーリオーンメッセ−ジとやらは知りませんが、ニギハヤヒ
は再臨すると言われているのですか?!

>ヤンズさんの瀬織津姫物語を読んで新たな発見をしました。ニギハヤヒ
と瀬織津姫は夫婦として復活する可能性があると思います。

そうですか。

>最初はニギハヤヒと大日霊女貴と思っていましたが瀬織津姫の可能性が
高いと思われます。


これには実は意見がありますよ〜♪ 続々遍に書くと思いますよ♪

>「マグダラのマリアは瀬織津姫」のコメントでそう思いました。ニギハ
ヤヒ=イエスの可能性があると考えていたからです。

実は、僕もそう思いましたが、思うだけでは書いてはいけないかと思い、
かきませんでした。マグダラのマリアの場合は、僕が僕なりの実体験が
あったから勇気を持って書いたわけです♪


>私の考えでは大本の出口王仁三郎師の言う誠の女子は瀬織津姫ではなか
ろうか?

うふふ、、ありがとうございます♪

ちなみに、リンクのアドレスをクリックしても繋がりませんでした。


http://harerama.hahaue.com
投稿者:スナプキン
アーリオーンメッセ−ジを読んでニギハヤヒ再臨ついて調べていました。ヤンズさんの瀬織津姫物語を読んで新たな発見をしました。ニギハヤヒと瀬織津姫は夫婦として復活する可能性があると思います。最初はニギハヤヒと大日霊女貴と思っていましたが瀬織津姫の可能性が高いと思われます。「マグダラのマリアは瀬織津姫」のコメントでそう思いました。ニギハヤヒ=イエスの可能性があると考えていたからです。私の考えでは大本の出口王仁三郎師の言う誠の女子は瀬織津姫ではなかろうか?



http://www.freepe.com/i.cgi/maya3598
投稿者:ヤンズ
ニギハヤヒと瀬織津姫はいろんな点で接点がありますが、しかしこれはまだ明確な証拠というか、言っていれば学問的な証拠はありません。
でも、多くの立証手前の説や、謂れなどは沢山ありますし、僕も多々感じることがあります。その辺の事も今度出す本にも出てきます。御期待ください。
日輪イコールニギハヤヒトイッタコトモアリマスノデ、ソレモイエルトオモイマ。ハイ。

http://harerama.hahaue.com
投稿者:ちゃんりー
わたしも見たことありません。でもいろんあ写真ではありました。日論の虹もふしぎですね♪
神秘的です。

すばらしい旅になりますように!
投稿者:ヤマガタ
私はまだ日輪をみていません。いいですね〜
でてましたか〜 見たかったです。
日論と紅輪と輪が同じで日と紅の違いで男と女の違いのようで、、、ですね。
ここにも偶然?瀬織津姫とニギハヤヒ陰が見えませんか?!
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ